野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAラミレス監督、先制打含む2打点の佐野を称賛 「4番の役割を果たしてくれた」

投打が噛み合ったDeNAがヤクルトに6-2で勝利した。先発の大貫が6回途中1失点で5連勝。打線は初回から佐野のタイムリーで先制し、1点差となった7回にはヤクルト投手陣の乱れを突き、佐野の犠飛と戸柱のタイムリーで4点を奪って試合を決めた。ラミレス監督は「4番の役割を果たしてくれた」と佐野の働きを評価した。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

6回途中1失点の好投で自身5連勝の大貫は「素晴らしいピッチングだった」

■DeNA 6-2 ヤクルト(14日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 投打が噛み合ったDeNAがヤクルトに6-2で勝利した。先発の大貫が6回途中1失点で5連勝。打線は初回から佐野のタイムリーで先制し、1点差となった7回にはヤクルト投手陣の乱れを突き、佐野の犠飛と戸柱のタイムリーで4点を奪って試合を決めた。ラミレス監督は「4番の役割を果たしてくれた」と佐野の働きを評価した。

 自身5連勝となった大貫は、5回まで打たれた安打は村上の二塁打と本塁打の2本のみだった。6回も簡単に2死を取ったが、青木の二塁打で2死二塁となり、打席に村上を迎えたところで国吉に交代した。ラミレスは交代の理由を「もう少し投げられるパフォーマンスを見せていたが、村上のところで替えることにした」と説明。一打同点の場面での決断が成功した。

 指揮官は「大貫は素晴らしいピッチングだった」と先発右腕を称賛した後、「その後の国吉をはじめとしたリリーフ陣もいい投球をしてくれた」と投手陣の働きに満足そうだった。

 7安打で6点を奪った打線の中では「初回は2ストライクから追い込まれてのタイムリー、7回は3点目となる犠牲フライと、今日はすごくよくやってくれた」と佐野に感謝した後、「ピッチャーを配球よくリードして、打つ方でも2打点といい働きだった」とスタメンマスクを被った戸柱も勝因に挙げた。

 前カードの阪神戦で8月に入って初の連敗を喫したが、4位ヤクルトに快勝して貯金は再び4となった。ラミレス監督は「このいいモチベーションを明日以降につなげて、これからも勝っていきたい」とさらなる貯金増を誓った。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」