秋山翔吾、2試合ぶり安打&2日連続の好守で連敗ストップに貢献 打率.231

本拠地でのパイレーツ戦で好捕を見せたレッズ・秋山翔吾【写真:AP】
本拠地でのパイレーツ戦で好捕を見せたレッズ・秋山翔吾【写真:AP】

4打数1安打、8試合ぶりの得点を記録した

■レッズ 8-1 パイレーツ(日本時間15日・シンシナティ)

 レッズの秋山翔吾外野手は14日(日本時間15日)、本拠地のパイレーツ戦で「1番・左翼」で先発出場した。3打席凡退で迎えた7回2死一塁の第4打席で中前打を放ち、2試合ぶり安打をマークした。4打数1安打1得点で打率.231。チームは8-1で大勝し、連敗を2でストップした。

 3点リードの7回2死一塁。右腕ストラットンからライナーで中前へ打ち返した。同一、二塁に好機を広げ、カステラノスの中越え3ランを演出。秋山は8試合ぶりの得点となった。初回先頭は遊ゴロ、3回1死三塁は空振り三振、5回2死は中飛だった。

 2点リードの7回2死一塁の守備ではスターリングスの左翼後方へのライナー性の飛球を背走してキャッチした。前日の同カードでは左翼フェンスに激突しながらもジャンピングキャッチ。失点を防ぐプレーに、ベル監督は「アンビリーバブルだった。打球が飛び、彼が追っている時はノーチャンスのように見えた。他にも左翼線への打球で良いプレーを見せていた。素晴らしいオールラウンドプレーヤーだ」と称えていた。この日も好守で失点を防いだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY