野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 甲子園
  • チーム唯一の進路未定のエース 健大高崎・下慎之介と仲間が臨むラストゲーム

チーム唯一の進路未定のエース 健大高崎・下慎之介と仲間が臨むラストゲーム

新型コロナウイルスの影響で中止となった選抜出場予定32校による「2020年甲子園高校野球交流試合」の大会5日目が16日、甲子園球場で行われる。第2試合に登場する健大高崎(群馬)は昨秋神宮大会準優勝の実績を誇る実力校。10日に行われた群馬県の独自大会決勝では桐生第一に5-6で惜敗したが、その試合で満塁本塁打を打たれたエースの下慎之介投手は、人目をはばからずに号泣した。

健大高崎の戸丸秦吾主将(左)と下慎之介
健大高崎の戸丸秦吾主将(左)と下慎之介

チームでただ一人のプロ志望も、自粛明けは不甲斐ない投球が続いた

 新型コロナウイルスの影響で中止となった選抜出場予定32校による「2020年甲子園高校野球交流試合」の大会5日目が16日、甲子園球場で行われる。第2試合に登場する健大高崎(群馬)は昨秋神宮大会準優勝の実績を誇る実力校。10日に行われた群馬県の独自大会決勝では桐生第一に5-6で惜敗したが、その試合で満塁本塁打を打たれたエースの下慎之介投手は、人目をはばからずに号泣した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 健大高崎ではプロ志望の下を除くほとんどの選手の進学先がすでに決定している。群馬県独自大会、甲子園招待試合はプロ志望の下にとっては数少ないアピールの場。自粛明け、下は「みんな大学進学が決まるなか、自分だけが10月(のドラフト)までソワソワしてるような感じで……。代替大会も甲子園の招待試合も、自分にとっては本当に残り少ないアピールの場。単純に投手として、1つしかないマウンドを誰にも譲りたくないという気持ちもあります」と最後の夏にかける率直な思いを吐露していた。

 その後解禁となった練習試合でも無失点で抑えた試合はほぼゼロ。本人の不安は想像に難くない。だが、下が満塁弾を打たれ涙した理由はそれだけではない。

 下と中学時代からバッテリーを組む戸丸秦吾主将は、自粛明けから調子の上がらない下に厳しい言葉を投げかけてきた。「これだけメディアやスカウトの方がお前目当てに集まってんだぞ。その期待には応えろよ!」。そんな女房役が、満塁弾を浴びた決勝では「下はよくなってきていた。そんななかで打たれたのは全部自分のせいです」と語った。秋は継投策で勝ち上がってきた青柳監督も、「夏は絶対にお前にエースを託すからな」と宣言。準決勝後すぐ、中1日で決勝に先発させることを決断した。

 否が応にも3年生の集大成という意味合いがつきまとう特別な夏に、チームでただ一人、進路が決まらぬエースのために一丸となった健大高崎。その模様には、フジテレビ系「S-PARK」のドキュメンタリー企画「2020夏 これが、僕らの甲子園」(16日放送)でも密着している。「自分のアピールの場ではあるけれど、最後は仲間のために投げたい」。様々な思いを胸に抱え、一人のドラフト候補の最後の試合が幕を開ける。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」