野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

横浜スタジアムは打者有利、ホームなのに… DeNA“恵まれない”ノーヒットノーラン

DeNAは15日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦に0-9で敗れた。ヤクルト先発の小川泰広に対して、打者32人で出した走者は3つの四球と相手失策ひとつを合わせた4人のみ。無安打無得点の完敗だった。ラミレス監督は「今日のこの結果に対しては何もする事ができないので、明日の準備をするだけ」と気持ちを切り替えたが、横浜スタジアム、相手はヤクルト、のノーヒットノーランは、ベイスターズファンにとっては思い出したくない過去がある。

DeNAのネフタリ・ソト(左)とタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】
DeNAのネフタリ・ソト(左)とタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】

2000年以降ではバンチ(中日)、前田(広島)、山井(中日)とビジターチームに記録達成を許す

■ヤクルト 9-0 DeNA(15日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは15日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦に0-9で敗れた。ヤクルト先発の小川泰広に対して、打者32人で出した走者は3つの四球と相手失策ひとつを合わせた4人のみ。無安打無得点の完敗だった。ラミレス監督は「今日のこの結果に対しては何もする事ができないので、明日の準備をするだけ」と気持ちを切り替えたが、横浜スタジアム、相手はヤクルト、のノーヒットノーランは、ベイスターズファンにとっては思い出したくない過去がある。

 チームが38年ぶりのリーグ優勝、日本一を達成した年の前年、1997年の9月2日に、横浜はヤクルトの石井一久にノーヒットノーランを喫した。大矢明彦監督、権藤博チーフ投手コーチの体制で迎えたこの年、4月は最下位と出遅れたが、石井琢朗、波留敏夫、ローズ、駒田徳広らが並ぶ“マシンガン打線”に“大魔神”と呼ばれた絶対的守護神の佐々木主浩を中心に、1960年以来となるリーグ優勝に向け、9月には首位ヤクルトに3.5ゲーム差まで迫っていた。当時のヤクルトは“ID野球”と呼ばれた野村克也監督の全盛時とも言える時代で、黄金時代を築いていたチームだ。

 8月に21勝6敗と驚異的なペースで急浮上した横浜が3.5ゲーム差で首位ヤクルトを地元に迎えた3連戦の初戦で、のちにメジャー移籍を果たした左腕の前に、セ・リーグの各球団を震え上がらせたマシンガン打線が無安打無得点に抑えられた。この敗戦から3連戦3連敗を喫した横浜は、2位はキープしたものの、クライマックスシリーズ導入前の当時はポストシーズンに進むことなくシーズンを終えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」