野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA、好機に一本出ず連敗 ラミレス監督「昨日の負け方から相手のペースに…」

DeNAがヤクルトに連敗を喫した。先発の平良が今季最短となる4回途中6失点で降板し、相手先発の山中対策で左打者を7人並べた打線は2桁安打で4点を奪ったが、好機にあと一本が出ず、ヤクルトに4対7で敗れた。ラミレス監督は「いつも言っているが、野球は流れと勢いが重要なスポーツ。昨日の負け方から初回に先制され、ウチもすぐに1点返したが、そのあとで一挙4点のイニングを作られて相手のペースになってしまった」と、前日に大記録で勝利した相手の勢いを認めた。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

開幕8試合連続QSの平良が4回途中降板「暑くなってきたので疲れもあるのかも」

■ヤクルト 7-4 DeNA(16日・横浜)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 DeNAがヤクルトに連敗を喫した。先発の平良が今季最短となる4回途中6失点で降板し、相手先発の山中対策で左打者を7人並べた打線は2桁安打で4点を奪ったが、好機にあと一本が出ず、ヤクルトに4-7で敗れた。ラミレス監督は「いつも言っているが、野球は流れと勢いが重要なスポーツ。昨日の負け方から初回に先制され、ウチもすぐに1点返したが、そのあとで一挙4点のイニングを作られて相手のペースになってしまった」と、前日に大記録で勝利した相手の勢いを認めた。

 打線は初回から神里、柴田、山下の3連打で無死満塁のチャンスを作ったが、得点は宮崎の犠飛による1点のみに終わった。指揮官は「満塁の場面で1点しか取れず、相手にダメージを与える事ができなかった」と山中を攻略しきれなかった初回の攻撃を悔やんだ。

 平良はここまで開幕8試合連続で6回まで3失点以内に収めるクオリティ・スタートを継続していたが、初回から2本の長短打と2死四球で失点し、4回には3連続タイムリーを許してイニング途中での降板となった。ラミレス監督は「平良は今年もっとも安定しているピッチャーだが、今日はベストな投球ではなかった。これも起こり得る事なので仕方がない」と右腕を責めなかったが、「ここまで毎試合、6、7回、100球以上を投げている。天候も暑くなってきたので、疲れもというものもあるのかもしれない」と心配もした。

 地元で2カード連続負け越しとなった。2位の座こそキープしているが、貯金は2つとなかなか増えない状態が続く。ラミレス監督は「連敗の後には必ず連勝が来るもの」といつも通りの言葉を発した後、「来週からはロードで6連戦。今年はロードで5割なので、そこでしっかり勝ち星を積み重ねていくようにしたい」と敵地での連勝を誓った。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」