大谷翔平、新庄剛志を抜く通算216安打 打率.203、チームは今季最悪4連敗

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

メジャー通算216安打、22歳右腕メイの158キロ高速シンカーを右前へ打ち返した

■ドジャース 8-3 エンゼルス(日本時間17日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地のドジャース戦で「5番・指名打者」で10試合連続先発出場した。2回先頭で2試合ぶり安打となる右前打を放ち、4打数1安打1得点。打率.203となった。チームは3-8で敗れ、今季ワースト4連敗。

 2回先頭。大谷は22歳右腕メイの甘く入った98.1マイル(約157.9キロ)のシンカーを捉え、右前打とした。メジャー通算216安打として、新庄剛志を抜いて日本人単独10位。同2死二塁からはスタッシーの左前適時打で先取点となるホームを踏んだ。しかし、その後の打席では凡退。4回無死は三ゴロ、6回先頭はニゴロ、8回1死一塁は三ゴロに打ち取られた。

 この日の試合前、マドン監督は「昨日の試合(8回の第4打席)で彼は左中間にもう少しでホームランになる打球を打った。私はまたとても嬉しく思った。私は彼が正しい道にいると思っている」と話していた。17日(同18日)からはジャイアンツ4連戦に臨む。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY