野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

勝負の分け目は「4番VSエースの差」 藪恵壹氏が分析する巨人が阪神に勝ったワケ

巨人は18日、本拠地での阪神戦に1-0で勝利した。この日はエース・菅野智之投手が今季3度目の完封勝利をマーク。開幕8連勝は1990年に“平成の大エース”斎藤雅樹氏が達成して以来、30年ぶりの快挙となった。阪神の先発、3年目左腕の高橋遥人投手も7回を2安打1失点と好投を披露。引き締まった試合展開に「こういうシビれる投手戦の方が見応えがあって好きですね」と話すのは、阪神OBで元メジャーの藪恵壹氏だ。

巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】
巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】

阪神OBが解説する、岡本がホームランを打った前の1球

■巨人 1-0 阪神(18日・東京ドーム)

 巨人は18日、本拠地での阪神戦に1-0で勝利した。この日はエース・菅野智之投手が今季3度目の完封勝利をマーク。開幕8連勝は1990年に“平成の大エース”斎藤雅樹氏が達成して以来、30年ぶりの快挙となった。阪神の先発、3年目左腕の高橋遥人投手も7回を2安打1失点と好投を披露。引き締まった試合展開に「こういうシビれる投手戦の方が見応えがあって好きですね」と話すのは、阪神OBで元メジャーの藪恵壹氏だ。

 試合前、阪神にとってこの日から始まる巨人、ヤクルト6連戦が重要だと話していた藪氏。首位を走る巨人との差を縮めるためにも、初戦に白星を飾りたかった阪神だが、惜しくも敗れた。では、この手に汗握る投手戦の勝敗を分けたポイントはどこだったのだろうか。藪氏は「4番VSエースの差」にあったと話す。

「まずは岡本(和真)選手の2打席目、ホームランを打った場面です。阪神バッテリーは1打席目、おそらく全球フォークで攻めました。それで空振り三振を取ったので、2打席目もカウント2-2と追い込んだところから2球、フォーク、フォークと続けた。結局、2つ目のフォークを打たれたわけですが、その1球前がポイントだったと思います。内角低めのボールゾーンで本来は空振りするような球を、三塁側にファウルされました。僕はあのファウルで嫌な感じがしましたね。いいところに決まりそうな球が前に飛ばされた。『これは真っ直ぐに変えた方が……』と思ったところで、フォークを投げてど真ん中。岡本選手は逃さず、見事にホームランにしました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」