野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 「可哀相なケンタ」 前田健太、ノーノー快投が一転…4勝目消滅に米メディア同情

「可哀相なケンタ」 前田健太、ノーノー快投が一転…4勝目消滅に米メディア同情

ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発し、9回途中までノーヒットに封じる快投を見せた。ノーヒットノーランこそ逃したが、1安打12三振の好投。ただ、リリーフ陣が同点に追いつかれて白星も消滅し、米メディアからは前田への同情の声が上がった。

本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】
本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】

9回途中まで無安打と好投も、降板後に救援が追いつかれて白星消滅

■ツインズ – ブルワーズ(日本時間19日・ミネソタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発し、9回途中までノーヒットに封じる快投を見せた。ノーヒットノーランこそ逃したが、1安打12三振の好投。ただ、リリーフ陣が同点に追いつかれて白星も消滅し、米メディアからは前田への同情の声が上がった。

 右腕は圧巻の投球を見せた。初回、1死からイエリッチに四球を与えたものの、無失点の立ち上がりを見せると、2回から6イニング連続で3者凡退に。また、3回1死から5回まで、ツインズの球団新記録となる8者連続奪三振とした。

 8回1死まで21打者連続アウトの驚異のピッチングを展開した前田。113球を超えて、9回も続投したが、先頭のソガードに中前打を許して、快挙達成はならず。ここで前田は降板。8回0/3を投げて1安打2四球12奪三振という圧巻の投球だった。

 4勝目の権利を持っていた前田だったが、あとを受けたロジャースがガルシアに二塁打、イエリッチに四球を与えて満塁とされると、ヒウラに適時打。さらにジョーコの遊ゴロの間に1点を失うと、併殺を狙った一塁への送球が悪送球となり、二塁走者も生還。同点に追いつかれて前田の白星は消滅した。

 ノーノーの快投から、まさかの白星消滅という悲運の展開に米メディアからは同情の声が噴出。地元メディア「ジャーナル・センチネル」のカート・ホッグ記者は「可哀そうなケンタ。今夜、これ以上にないほどエグかった」「ケンタ・マエダは8回ノーヒットとし、途中で8者連続奪三振もあったが、勝ち投手にさえならない。野球は残酷だ」と自身のツイートで発信した。

 また米テレビ局「FOXスポーツMLB」のツイッターは「ケンタ・マエダはツインズが3-0でリードしている状態で12個の三振を奪い、9回に入るまでノーヒッターを継続させた。それが今3-3で、マエダは勝ち負けがつかない。野球はときに残酷だ」と同情。CBSスポーツのマット・スナイダー記者は「勝敗つかず、マエダにとって厳しい。投手の勝敗は重要であるべきではないかのよう」とツイートしていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」