野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太の8者連続三振は「常軌を逸してる」 驚愕の快投動画にファン戦慄

前田健太の8者連続三振は「常軌を逸してる」 驚愕の快投動画にファン戦慄

ツインズの前田健太投手が18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発登板。8回まで無安打の快投も9回に安打を許し、史上初となる日米双方でのノーヒットノーランを逃した。あとを受けたリリーフが同点に追いつかれ今季4勝目も消えた右腕だが、その快投にファンからも絶賛の声が上がっている。

本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】
本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】

名物セレブのロブ・フリードマン氏はツイッター上に前田の快投動画を投稿

■ツインズ 4-3 ブルワーズ(日本時間19日・ミネソタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ツインズの前田健太投手が18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発登板。8回まで無安打の快投も9回に安打を許し、史上初となる日米双方でのノーヒットノーランを逃した。あとを受けたリリーフが同点に追いつかれ今季4勝目も消えた右腕だが、その快投にファンからも絶賛の声が上がっている。

 前田は初回、1死からイエリッチに四球を与えたものの、無失点の立ち上がり。2回から7回までは6イニング連続で3者凡退に仕留め、3回1死から5回を終えるまではツインズの球団新記録となる8者連続三振。8回1死まで21者連続アウトと驚異のピッチングを展開した。

 9回先頭のソガードに詰まった当たりで中前安打を許して、ノーヒットノーランの快挙達成はならず。そのまま降板となったが、8回0/3を投げて1安打2四球、12三振を奪う好投。その後リリーフ陣が同点に追いつかれて4勝目こそ逃したが、チームはサヨナラ勝ちを収めた。

 この日の前田の快投に、「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏も注目。ツイッター上で「ケンタ・マエダ:8連続三振」と3回から5回の圧巻の投球映像を投稿した。

 この映像に、ファンからは「あの(サークル?)チェンジアップは本当にぞっとするほどすごい」「マエケンは今年本当にシャープだ」「これらのチェンジアップはエグイ」「過小評価されている」「笑えるほど素晴らしい」「どこからこんな常軌を逸した球が出てくるのか? 8連続とは!」「ドジャースがこの男を後ろに回していたという事実は本当にひどい。私たちは彼の素晴らしい投球をもっと観られたはずだ」と称賛の声が相次いでいる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」