ノーノーあと一歩の前田健太に米メディア絶賛 「もう少しで歴史を作るところだった」

本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】
本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】

9回先頭に安打を浴び快挙を逃した前田は、後続が打たれ勝ち星も消滅した

■ツインズ 4-3 ブルワーズ(日本時間19日・ミネソタ)

 ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発登板。8回まで無安打の快投も9回に安打を許し、史上初となる日米双方でのノーヒットノーランを逃した。あとを受けたリリーフが同点に追いつかれ4勝目も消えた右腕だが、その快投に米メディアからは称賛の声が上がっている。

 今季5度目の先発マウンドに上がった右腕が圧巻の投球を見せた。前田は初回、1死からイエリッチに四球を与えたものの無失点の立ち上がりを見せると、そこからブルワーズ打線を手玉に取った。2回を3者凡退に仕留めると、3回1死から5回まで、ツインズの球団新記録となる8者連続三振を奪った。

 6回先頭のウリアスに遊ゴロを打たれて連続奪三振は途切れたものの、ソガードも二ゴロに打ち取り、ガルシアも投ゴロ。8回1死まで21打者連続アウトの驚異のピッチングを展開した。ナルバエスに四球を与えて連続アウトも途切れたが、ギャメルをこの日12個目の三振に斬り、ウリアスも二ゴロに打ち取った。

 8回を投げ終えたところで前田の球数は113球に達していたが、9回もマウンドへ。だが、先頭のソガードに安打を許して快挙達成はならず。ここでマウンドを降りたが、8回0/3を投げ1安打2四球、12三振を奪う好投だった。

 試合はその後、あとを受けたロジャースが同点に追いつかれて前田の4勝目が消滅。それでも延長12回、ポランコがサヨナラ打を放ち3連勝でア・リーグ中地区首位の座を守った。

 この日の前田の快投に、CBSスポーツは「ケンタ・マエダのノーヒッターへの試みは勝ち負けがつかない不運に変わった」「マエダは支配的だった」「マエダが外野まで打球を飛ばされたのはたった2度だけだった」「(ヒットになった打球は)いいところに飛んだが、よく捉えられた打球ではなかった」と絶賛。米ヤフースポーツも「ケンタ・マエダはもう少しで歴史を作るところだった」と伝えた。

 この日、デレク・ホランドとマックス・シャーザーの今季最多投球数112球を上回る115球を投じた前田。惜しくも勝ち星はつかなかったが、その快投に、米メディアからもますます注目が高まっているようだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY