秋山翔吾は外野守備の「王者」 マチャドらとの美技競演にファン「ショウゴに票を!」

好守を見せるレッズ・秋山翔吾【写真:AP】
好守を見せるレッズ・秋山翔吾【写真:AP】

MLBネットワークが3者のスーパープレーを比較する形でファンに投票を募った

 13日(日本時間14日)に本拠地で行われたパイレーツ戦で、左翼フェンスに激突しながらも好捕するファインプレーを見せたレッズの秋山翔吾外野手。MLBネットワークは公式ツイッター上でこのプレーを「王者」と称賛。パドレスのマニー・マチャド外野手、ナショナルズのビクター・ロブレス外野手を「挑戦者」と位置付け、両者が18日(同19日)に見せたスーパープレーを比較する形で投票を募っている。

 秋山は13日(同14日)に行われたパイレーツ戦の5回、2死一、二塁の場面でフレージャーの放った左翼後方への打球をフェンスに激突しながらもジャンピングキャッチ。抜けていれば失点する場面で、西武時代に5度のゴールデングラブ賞に輝いた美守を見せつけた。

 MLBネットワークはこのプレーを引き合いに、「ショウゴ・アキヤマに今日マニー・マチャドとビクター・ロブレスという二人のチャレンジャーが加わる。最高のキャッチをしたのは誰?」とマチャド、ロブレスの守備動画を投稿。動画には秋山のスーパープレーとともにレンジャーズ戦の2回にジョーイ・ギャロの放った左翼線への飛球をランニングキャッチしたマチャド、ブレーブス戦の5回にオースティン・ライリーが放った中堅への本塁打を“強奪”するロブレスの姿が収められている。

 この投稿にファンからはコメントが殺到。「ショウゴは好きだけど、この投票ではマニーに一票入れるしかない」「ショウゴに票を!」「ショウゴ・アキヤマ」「マニー・マチャド」と意見が割れており、ナショナルズ公式ツイッターも加わる形で「球界最高の中堅手」とロブレスを称えている。

 投票結果は「王者」秋山が25.3%、「挑戦者」のマチャドが25.2%、同じくロブレスが49.5%の票を集めており、総投票数1419票にものぼった。投票では僅差で2位につけた秋山だが、今後もライバルたちとともにさらなる好守でファンを沸かせてくれるに違いない。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY