中日・浜田達郎が2球で危険球退場 ヤクルト村上の頭部付近に死球当てる

中日・浜田達郎【写真:小西亮】
中日・浜田達郎【写真:小西亮】

6回からマウンドに上がった浜田だったが、わずか2球で退場に

■ヤクルト – 中日(20日・神宮)

 中日の浜田達郎投手が20日、敵地・神宮球場でのヤクルト戦で危険球退場となった。6回に村上宗隆内野手の頭部付近に死球を与えた。

 6回から3番手でマウンドに上がった浜田。初球を青木に右前安打されると、続く村上への初球が村上の頭部付近にあたった。球審から危険球退場を宣告されて、わずか2球で降板となった。村上は一塁走者とプレーを続けたが、7回の守備で途中交代した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY