野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

京セラドームで珍事発生! 西武スパンジェンバーグの打球がフェンスに直ハマり

20日に京セラドームで行われたオリックス対西武戦で珍事が発生した。9回に西武スパンジェンバーグが放った打球が外野フェンスに挟まり、エンタイトルツーベースとなるハプニングが発生した。

西武のコーリー・スパンジェンバーグ【写真:荒川祐史】
西武のコーリー・スパンジェンバーグ【写真:荒川祐史】

フェンスの隙間に打球がハマり、エンタイトルツーベースに

■オリックス – 西武(20日・京セラドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 20日に京セラドームで行われたオリックス対西武戦で珍事が発生した。9回に西武スパンジェンバーグが放った打球が外野フェンスに挟まり、エンタイトルツーベースとなるハプニングが発生した。

 西武が2点リードで迎えた9回だった。先頭のスパンジェンバーグがオリックス吉田凌から放った打球は痛烈なライナーとなって右翼フェンスに向けて一直線に飛んでいった。フェンス直撃かと思われた次の瞬間、打球はフェンスの隙間にハマってしまった。

 慌てて打球を抜きにいった右翼の小田だったが、判定はエンタイトルツーベースに。この瞬間を「パーソル パ・リーグTV Lite」のツイッターは、すぐさま動画で紹介していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」