大谷翔平、「5番・DH」で3試合連続スタメン 復活の8試合ぶりアーチに期待

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

通算47勝右腕ガウスマンと対戦する

■ジャイアンツ – エンゼルス(日本時間21日・サンフランシスコ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地のジャイアンツ戦で「5番・指名打者」で3試合連続で先発出場する。8試合ぶりの一発、球場名物の“スプラッシュ・ヒット”が飛び出すか注目される。

 大谷は前日19日(日本時間20日)の同カードで先発出場したが、3打数無安打1四球。2試合連続、11打席連続無安打となった。ここ6試合は22打数2安打と調子を落とし、試合前までの今季成績は打率.183、4本塁打、11打点、2盗塁。

 ジャイアンツは通算47勝の右腕ケビン・ガウスマンが先発する。オリオールズ時代の2017年から2年連続で2桁勝利をマーク。試合前までの今季成績は5試合登板、0勝1敗、防御率4.21。大谷とは初対戦となる。

 オラクル・パークの右翼フェンス後方はサンフランシスコ湾の入り江になっており、海に飛び込む特大アーチは「スプラッシュ・ヒット」と呼ばれている。ジャイアンツ所属選手のみのカウントとなっているものの、大谷が復活アーチをかけることができるか。

【エンゼルス】
(遊)フレッチャー
(一)ラステラ
(中)トラウト
(三)レンドン
(指)大谷翔平
(左)グッドウィン
(右)アデル
(捕)スタッシー
(二)レンヒーフォ
投手 スアレス

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY