野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、今季ワーストタイ5失点で2敗目 カーショーとの投げ合いも初勝利ならず

菊池雄星、今季ワーストタイ5失点で2敗目 カーショーとの投げ合いも初勝利ならず

マリナーズの菊池雄星投手は20日(日本時間21日)、今季初勝利をかけて本拠地のドジャース戦で先発登板した。通算171勝左腕カーショーとの投げ合いだったが、5回途中で4四球5奪三振、4安打5失点。チームは1-6で敗れ、今季2敗目を喫した。

先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

菊池は4回に一挙4失点して防御率6.30、ド軍カーショーは7回11K1失点で3勝目

■ドジャース 6-1 マリナーズ(日本時間21日・シアトル)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 マリナーズの菊池雄星投手は20日(日本時間21日)、今季初勝利をかけて本拠地のドジャース戦で先発登板した。通算171勝左腕カーショーとの投げ合いだったが、5回途中で4四球5奪三振、4安打5失点。チームは1-6で敗れ、今季2敗目を喫した。

 初回2死のターナーから3者連続空振り三振を奪うなど2回まで6者連続アウト。しかし、3回に崩れた。先頭・ヘルナンデスの右前打、バーンズの四球で招いた無死一、二塁からビーティの右翼線適時二塁打で先取点を献上。捕逸、ポロックの左前適時打で失点を重ね、さらに同2死二塁からはベリンジャーに中前適時打を許した。この回4安打の集中打で4失点した。

 4回は3者凡退。5回は3四球などで2死満塁としたところで降板した。4回2/3で89球(ストライク51球)を投げ、4四球5奪三振、4安打5失点。防御率6.30となった。先発予定だった14日(同15日)のアストロズ戦の登板を首の痙攣で回避。中12日を空けての仕切り直しだったが、今季2敗目を喫した。

 前日に連敗を「7」で止めたマリナーズは打線もつながりを欠いた。ドジャースのカーショーは7回4安打1失点と好投。今季最多11三振を奪い、今季3勝目を挙げた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」