野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、特大5号3ランに安堵「打ててよかった。次につながる打席になった」

大谷翔平、特大5号3ランに安堵「打ててよかった。次につながる打席になった」

エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地のアスレチックス戦で「5番・指名打者」で2試合連続で先発出場。3回1死二、三塁で22打席ぶり安打となる逆転の左中間5号3ランを放つと、7回1死の右前打で9試合ぶり今季4度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打3打点、1四球1三振。チームはタイブレーク制の延長10回にサヨナラ負けを喫した。試合後、大谷は「チャンスだったので、打ててよかったと思いました。距離感とタイミングがずれていた。2打席目以降はまずまず良かったんじゃないかなと思います。しっかりと距離が出ていたので、次につながる打席だったと思います」と振り返った。

敵地でのアスレチックス戦を終え会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:編集部】
敵地でのアスレチックス戦を終え会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:編集部】

3回5号3ランで日米自己ワースト21打席連続無安打止める、今季4度目のマルチ安打

■アスレチックス 5-4 エンゼルス(日本時間24日・オークランド)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地のアスレチックス戦で「5番・指名打者」で2試合連続で先発出場。3回1死二、三塁で22打席ぶり安打となる逆転の左中間5号3ランを放つと、7回1死の右前打で9試合ぶり今季4度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打3打点、1四球1三振。チームはタイブレーク制の延長10回にサヨナラ負けを喫した。試合後、大谷は「チャンスだったので、打ててよかったと思いました。距離感とタイミングがずれていた。2打席目以降はまずまず良かったんじゃないかなと思います。しっかりと距離が出ていたので、次につながる打席だったと思います」と振り返った。

 大谷が10試合41打席ぶりのアーチをかっ飛ばした。2点を追う3回1死二、三塁。2ボール1ストライクから剛腕モンタスの95.3マイル(約153.4キロ)、シンカーを捉えた。打球速度は今季本塁打最速の111.3マイル(約179.1キロ)で、飛距離439フィート(約133.8メートル)は今季最長。打球角度28度だった。日米自己ワーストの21打席連続無安打を止め、通算45本塁打として井口資仁(現ロッテ監督)を抜いて日本人歴代4位に浮上した。「(安打が)出ないのと言うのはあった。期待して使ってもらっていた。そこに応えられていないところで、1打席1打席大事にできてないところがあったかなと思います。やることに集中できていない。打ちたい気持ちが先行していた」と振り返った。

 初回2死一、二塁は空振り三振に倒れたが、5回1死一塁では四球で好機を広げ、続くグッドウィンの右前適時打を演出。7回1死の右前打で11日(同12日)の本拠地アスレチックス戦以来のマルチ安打をマークした。9回1死二塁は一ゴロだった。チームは2点リードの6回に同点に追いつかれ、延長10回のサヨナラ負けで今季20敗目(9勝)を喫した。大谷はスランプから抜け出す復活の一発、マルチ安打としたい。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」