野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 特大弾の大谷翔平、指揮官は変則左腕撃ち安打を評価「厳しい相手。いいことだ」

特大弾の大谷翔平、指揮官は変則左腕撃ち安打を評価「厳しい相手。いいことだ」

エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地のアスレチックス戦で「5番・指名打者」で2試合連続で先発出場。3回1死二、三塁で22打席ぶり安打となる逆転の左中間5号3ランを放つと、7回1死の右前打で9試合ぶり今季4度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打3打点、1四球1三振。チームは延長10回にサヨナラ負けを喫した。

5番・DHで先発出場し3回に今季第5号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
5番・DHで先発出場し3回に今季第5号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「ディークマンは左打者にとって本当に厳しい相手。正しい方向に進み始めていると思いたい」

■アスレチックス 5-4 エンゼルス(日本時間24日・オークランド)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地のアスレチックス戦で「5番・指名打者」で2試合連続で先発出場。3回1死二、三塁で22打席ぶり安打となる逆転の左中間5号3ランを放つと、7回1死の右前打で9試合ぶり今季4度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打3打点、1四球1三振。チームは延長10回にサヨナラ負けを喫した。

 久々の当たりは2点を追う3回1死二、三塁。2ボール1ストライクから剛腕モンタスの95.3マイル(約153.4キロ)、シンカーを捉えた。10試合41打席ぶりのアーチ。打球速度は今季本塁打最速の111.3マイル(約179.1キロ)で、飛距離439フィート(約133.8メートル)は今季最長。打球角度は28度だった。

 日米自己ワーストの21打席連続無安打を止め、通算45本塁打として井口資仁(現ロッテ監督)を抜いて日本人歴代4位に浮上した。7回1死の右前打は変則左腕ディークマンから打った。6回守備中に退場処分を受けたマドン監督は「ディークマンからヒットを打った時に私は中にいた。見ることができなかったが、シングルヒットで合ってるかな? いいことだ。ディークマンは左打者にとって本当に厳しい相手。そこでヒットを打てた。正しい方向に進み始めていると思いたい」と復調を期待した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」