野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

あらゆるカメラも行方を見失う“7.2秒の衝撃” 鷹・柳田悠岐の衝撃弾に反響

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が凄まじい打撃を続けている。23日のロッテ戦(ZOZOマリン)で18号本塁打を放ち、3試合連続本塁打。オリックスの吉田正尚外野手に首位打者の座は明け渡したものの、打率.371というハイアベレージを残し、OPSは12球団でダントツの1.229を記録している。

長い滞空時間の本塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】
長い滞空時間の本塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

打率.371、OPSは12球団ダントツの1.229を記録する柳田

■ソフトバンク 6-4 ロッテ(23日・ZOZOマリン)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が凄まじい打撃を続けている。23日のロッテ戦(ZOZOマリン)で18号本塁打を放ち、3試合連続本塁打。オリックスの吉田正尚外野手に首位打者の座は明け渡したものの、打率.371というハイアベレージを残し、OPSは12球団でダントツの1.229を記録している。

 22日のロッテ戦ではZOZOマリンスタジアムのバックスクリーンに直撃する特大弾を放っていた柳田。23日の試合では、今度は高い放物線を描き、長い滞空時間の末にスタンドに突き刺さる驚きの一発を放った。

 3回の第2打席だった。中前打で出塁した中村晃を二塁に置き、打席に入った柳田。ロッテ先発の中村稔のボールにバットを振り抜くと、千葉の夕空に“文字通り”に高々と舞い上がった。中継のテレビカメラもボールの行方を見失う当たり。滞空時間7.2秒。長く宙を舞った打球は右翼スタンド中段に落ちてきた。

 またしても柳田が放った衝撃的な一発を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルも「”異世界” 柳田悠岐【普通のホームランが打てない】」とマルチアングル動画で紹介。様々な角度のカメラが一様に打球を見失う驚愕の内容にファンからは「またもや、途中行方不明か。。。スゲw」「今日も打球の行方がわからない」「滞空時間が50m走で草」「打球の上がり方が異常www」「もうこれは化け物」と驚きの声が上がっていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」