野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

118人参加の「プロ志望高校生合同練習会」 不参加の主な注目選手は?

日本野球機構は24日、8月29日と30日に甲子園球場で、9月5日と6日に東京ドームで開催する「プロ志望高校生合同練習会」の参加予定選手を発表した。西日本会場の甲子園では77人、東日本会場の東京ドームでは41人の計118人が参加予定となった。

明石商・中森俊介【写真:松倉雄太】
明石商・中森俊介【写真:松倉雄太】

118人が参加する合同練習会だが、参加しない注目の選手も

 日本野球機構は24日、8月29日と30日に甲子園球場で、9月5日と6日に東京ドームで開催する「プロ志望高校生合同練習会」の参加予定選手を発表した。西日本会場の甲子園では77人、東日本会場の東京ドームでは41人の計118人が参加予定となった。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 この合同練習会は新型コロナウイルスの感染拡大により、選抜や各都道府県の春季大会、夏の選手権と地方大会が中止となったことを受け、高校3年生の進路活動の一環として開催されることになった。NPBのスカウト、関係者だけでなく、大学、社会人、独立リーグの関係者らも参加する。

 福岡大大濠の最速153キロ右腕・山下舜平大投手や、同じく最速153キロを誇る帝京大可児の加藤翼投手、ヤクルト・奥村の弟の龍谷大平安・奥村真大内野手、中日・石川翔の弟の青藍泰斗・石川慧亮外野手らが参加する中で、プロ注目の選手でも不参加の選手もいる。

 不参加の選手でも、すでに実力が知られていたり、プロではなく大学進学や社会人を志望しているなど、様々な理由がある。その中でプロ注目の選手で、この合同練習会に参加しない主な選手は以下の通りだ。

【投手】
・高橋宏斗(中京大中京)
・中森俊介(明石商)
・篠木健太郎(木更津総合)
・小林樹斗(智弁和歌山)
・川瀬堅斗(大分商)

【野手】
・来田涼斗(明石商)
・井上朋也(花咲徳栄)
・横山陽樹(作新学院)
・西川僚祐(東海大相模)
・内山壮真(星稜)

 もちろん、この合同練習会に参加していなくても、プロ志望届を提出すれば、ドラフトでプロ球団から指名を受けることは可能だ。2020年のドラフト会議は10月26日に開催される予定。果たして彼らはどういう進路の決断を下すのだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」