前田健太、まさかの初回先頭打者被弾 1回は2安打1失点、最速148キロ

ツインズ・前田健太【写真:AP】
ツインズ・前田健太【写真:AP】

前回は勝ち星こそ逃したものの9回無死まで無安打投球を演じた

■インディアンス – ツインズ(日本時間25日・クリーブランド)

 ツインズの前田健太投手は24日(日本時間25日)、今季4勝目をかけて敵地・インディアンス戦で先発した。初回はヘルナンデスに先頭打者弾を許し、2安打1失点だった。フォーシームの最速は91.9キロ(約147.9キロ)。

 いきなりの被弾となった。ヘルナンデスに甘く入ったスライダーを右中間席へ運ばれた。ラミレスは二ゴロ、リンドーアは空振り三振。サンタナに左前打に許したものの、レイエスを遊ゴロに打ち取った。

 前田は前回18日(同19日)の本拠地ブルワーズ戦では勝ち星こそ逃したものの、9回無死まで無安打投球の快投。3回1死から8者連続三振の球団新記録をマークした。8月1日(同2日)の本拠地インディアンス戦では6回1安打無失点に抑えて今季2勝目を挙げている。試合前までの今季成績は5試合登板、3勝0敗、防御率2.27。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY