野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

1台800万円のspotは大丈夫? 鷹グラシアルがロボット応援団を襲う特大の今季初アーチ

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル外野手がロボット応援団に“直撃”させる今季初本塁打を放った。25日のオリックス戦。5回に左翼スタンド中段への今季1号ソロとなるアーチをかけた。

1号ソロを放ったソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】
1号ソロを放ったソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】

左翼スタンド中段の舞台に設置されたロボット応援団を襲う今季初アーチ

■ソフトバンク – オリックス(25日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル外野手がロボット応援団に“直撃”させる今季初本塁打を放った。25日のオリックス戦。5回に左翼スタンド中段への今季1号ソロとなるアーチをかけた。

 特大の一発が飛び出した。柳田の犠飛で1点を先制して迎えた5回。2死で打席に入ったグラシアルは山本が投じた真っ直ぐを完璧に弾き返した。高々と舞い上がった打球は左翼スタンド中段の中段に設置されたロボット応援団に。1台800万円する四足歩行型ロボットに刺された旗を“直撃”する特大の一発になった。

 ダイヤモンドを一周したグラシアルは、お決まりとなった高谷裕亮捕手を“ボコボコ”にするパフォーマンスを今季初披露。球団を通じて「手応えは完璧でした。久しぶりのホームランだったので、とても気持ち良かったし嬉しいです」とコメントした頼もしい助っ人の一発に、スタンドのファンは大きな拍手を送っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」