野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 前代未聞の送球を“ヘディング” 審判団すら「一度も見たことがない」珍プレー

前代未聞の送球を“ヘディング” 審判団すら「一度も見たことがない」珍プレー

前代未聞? の“ヘディング”で走者がアウトとなる珍プレーが発生した。ダイヤモンドバックスのコール・カルフーン外野手は、24日(日本時間25日)に行われたロッキーズ戦の5回、一、二塁間に挟まれると送球が頭を直撃。故意に当たったとして守備妨害の判定となり、抗議したトーリ・ロブロ監督が退場となった。

Dバックスのコール・カルフーンの頭部に送球が直撃【写真:AP】
Dバックスのコール・カルフーンの頭部に送球が直撃【写真:AP】

カルフーン本人は「ボールが飛んできたから当たるがままにしてチャンスを…」

■ロッキーズ 3-2 Dバックス(日本時間25日・アリゾナ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 前代未聞? の“ヘディング”で走者がアウトとなる珍プレーが発生した。ダイヤモンドバックスのコール・カルフーン外野手は、24日(日本時間25日)に行われたロッキーズ戦の5回、一、二塁間に挟まれると送球が頭を直撃。故意に当たったとして守備妨害の判定となり、抗議したトーリ・ロブロ監督が退場となった。

 1死一塁からマルテの左飛を処理した後の一塁への送球が乱れた。一塁手マーフィーのグラブに当たってボールが大きく跳ねたのを見た一塁走者カルフーンは二塁へ向かったが、カバーに入っていた捕手のウォルターズがすぐさま二塁へ送球。二塁手が捕球してアウトかと思われたが、ボールはカルフーンの頭を直撃した。カルフーン本人がMLB公式サイトでこの場面を振り返っている。

「私はマーフィーのグラブからボールがこぼれるのを見たから、本能的に行かないと、と思った。走っている間に、後ろで何が起こっているのか見ようと振り返ってみた。ウォルターズがボールを持ってそこにいることは予想していなかったよ。そのとき、私はもう終わったと悟った」

「さあ、どうだろう。それは文字通り私に向かってきたんだ。私がそのままの状態でいたら、もしかしたらボールは(私の頭に)跳ね返って、レフトの方向に飛んでいくかもしれない。そうしたら私たちは三塁までランナーを進められる。わからないけど。かがんでボールが通る道を開けて、相手にボールをキャッチさせ、タッチアウトになるのは正しくないように思えた。ボールは私に向かって飛んできていたから、ただそれが私に当たるがままにしてチャンスをとろうと思ったんだ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」