大谷翔平、“疑惑の判定”で見逃し三振 指揮官は球審に激怒「判定の犠牲者だ」

Wヘッダー第2戦の第4打席での三振判定に思わず苦笑いのエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
Wヘッダー第2戦の第4打席での三振判定に思わず苦笑いのエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

四球と思って歩き出すも…6回無死一、二塁で外角低めフォーシームに見逃し三振

■エンゼルス 12-5 アストロズ(ダブルヘッダー2試合目・日本時間26日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地で行われたアストロズとのダブルヘッダー2試合にフル出場した。「4番・指名打者」で先発出場した第2試合では7回にダメ押し2点二塁打を放つなど3試合ぶり今季5度目のマルチ安打をマーク。計6打数2安打2打点1盗塁と結果を残した。

“疑惑の判定”にも巻き込まれた。4点リードの6回無死一、二塁。フルカウントから、6番手左腕タイラーの外角低め、93.9マイル(約151.1キロ)のフォーシームは外角低めへ。大谷は四球と判断して平然と一塁へ歩き出そうとしたが、球審の判定はまさかのストライクだった。打席付近に立ち尽くし、腰に手を当てて珍しく抗議する26歳。三塁ベンチから猛抗議したジョー・マドン監督は球審クリント・ボンドラークから退場処分を受けた。指揮官の怒りはチームの連敗ストップ後も収まらなかった。

「あれはいい球ではなかった。辛抱強くいようと思ったし、理解している。できるだけいい市民でいようと心がけているが、時には自軍の選手を守らなければならない。ただそうしなければならないのだ」

 判定への不満をあらわにした指揮官は、主砲のトラウトが4回無死で見逃し三振に倒れた打席にも言及。4番手右腕スクラブの外角へ外れるナックルカーブの判定に、マドン監督は「トラウトは判定の犠牲になった」と厳しい表情で振り返った。この日の球審の判定に我慢ならなかったようだ。

 ダブルヘッダー第2試合では1番にトラウト、3番に好調フレッチャーを置き、12安打12得点。大勝でチームの連敗を3で止めたが、球審の“疑惑の判定”でどこかスッキリしない白星となった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY