大谷翔平、プロ初Wヘッダーでダメ押し2点二塁打 “誤審”抗議の指揮官退場も連敗ストップ

敵地アストロズ戦のダブルヘッダー第2試合目に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地アストロズ戦のダブルヘッダー第2試合目に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

3試合ぶりマルチ安打も見逃し三振で猛抗議のマドン監督が退場処分

■エンゼルス 12-5 アストロズ(ダブルヘッダー2試合目・日本時間26日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地で行われたアストロズとのダブルヘッダー第2試合で「4番・指名打者」で5試合連続先発出場した。3回先頭に三塁内野安打で出塁して今季3個目の盗塁をマーク。7回1死二、三塁では右中間2点二塁打を放ち、3試合ぶり今季5度目のマルチ安打をマークした。4打数2安打2打点で打率.183。チームは12-5で大勝し、連敗を3で止めた。

 3回先頭の内野安打は“曲芸打ち”だった。見逃させばボール球。頭上付近の高さの92.6マイル(約149キロ)、ツーシームに反応した。平凡なゴロだったが、素早く一塁ベースを駆け抜けて内野安打とした。一塁ベース上では満面の笑みを浮かべた。2死後、アデルの打席で二盗を決め、今季3個目の盗塁をマークした。待望のタイムリーは6点リードの7回1死二、三塁。右腕ビアギニの内角高め高速シンカーを引っ叩き、ダメ押しの右中間2点二塁打とした。6回の第4打席で見逃し三振に倒れた際には、際どいコースにマドン監督が球審クリント・ボンドラークに猛抗議。退場処分を受けた。

 ダブルヘッダー第1試合は「5番・指名打者」で先発出場して2打数無安打1四球1得点。日米通じて自身初のダブルヘッダーは計6打数2安打2打点と躍動した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY