大谷翔平、プロ初Wヘッダー第2試合で“快足”内野安打 高めボール球を3試合ぶり安打

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

今季3個目の盗塁もマーク、第1試合は2打数無安打も第2試合で足で躍動

■アストロズ – エンゼルス(ダブルヘッダー2試合目・日本時間26日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地で行われたアストロズとのダブルヘッダー第2試合で「4番・指名打者」で5試合連続先発出場した。今季メジャーデビューした右腕ビーラックと対戦した初回1死一、二塁は左飛。3回先頭で2番手右腕スニードから三塁内野安打を放ち、3試合ぶり安打をマークした。

 見逃させばボール球。頭上付近の高さの92.6マイル(約149キロ)、ツーシームに反応した。平凡なゴロだったが、素早く一塁ベースを駆け抜けて内野安打とした。一塁ベース上では満面の笑みを浮かべた。2死後、アデルの打席で二盗を決め、今季3個目の盗塁をマークした。

 大谷のダブルヘッダーは日米通じてプロ初。第1試合は「5番・指名打者」で先発出場し、空振り三振、四球、一ゴロで2打数無安打1四球1得点だった。試合前までの今季成績は23試合出場し、打率.169、5本塁打、14打点、2盗塁。

 このダブルヘッダーはハリケーンの影響による措置で27日(同28日)の同カードを前倒しして組み込まれ、26日(同27日)はナイターからデーゲームに変更された。前日24日(同25日)の決定だったが、足で躍動している。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY