野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、5回0封の好投を台無しにした継投ミスを地元メディア指摘 「全て水の泡」

田中将大、5回0封の好投を台無しにした継投ミスを地元メディア指摘 「全て水の泡」

ヤンキースの田中将大投手は26日(日本時間27日)、敵地で行われたブレーブスとのダブルヘッダー第2試合に先発し5回3安打無失点4奪三振の好投を見せた。試合は救援陣が逆転2ランを浴び1-2で敗れ、チームは今季ワーストの5連敗。田中の好投が不意となり地元メディアは「努力が台無し」「全て水の泡に終わった」と指摘している。

ブレーブス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ブレーブス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

地元メディアは5回66球の降板に「不思議なことに降板」「投手交代が裏目に出た」

■ブレーブス 2-1 ヤンキース(ダブルヘッダー2試合目・日本時間27日・アトランタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は26日(日本時間27日)、敵地で行われたブレーブスとのダブルヘッダー第2試合に先発し5回3安打無失点4奪三振の好投を見せた。試合は救援陣が逆転2ランを浴び1-2で敗れ、チームは今季ワーストの5連敗。田中の好投が不意となり地元メディアは「努力が台無し」「全て水の泡に終わった」と指摘している。

 初回を3者凡退、そして3回の2死一、二塁のピンチもスワンソンを遊ゴロに抑えるなど主導権を譲らない投球を見せた田中。5回66球での降板となり、救援陣に後を託したが6回にグリーンがフリーマンに逆転2ランを浴びチームは今季ワーストの5連敗を喫した。

 田中が5回無失点と好投を見せながら連敗が止まらないヤンキースに地元TV局「SNY」は「タナカはヤンキースの為に珠玉の投球を披露したが、全て水の泡に終わった」と指摘。地元紙「NYポスト」も逆転2ランを浴びたグリーンの名前を出し「タナカの努力が台無しになった」と苦言を呈した。

 またも今季初勝利がお預け。ブーン監督が66球で降板させたことについて疑問を抱いているのは地元メディア「NJ.com」だった。継投策に打って出た采配について「不思議なことに降板させた」と伝え、逆転負けを喫したことには「彼(ブーン監督)の投手交代が裏目に出た」と、チームの敗因が継投ミスだったことを伝えていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」