野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、今季初勝利ならず 66球降板は「残りのタンクが少なくなっていると」

田中将大、今季初勝利ならず 66球降板は「残りのタンクが少なくなっていると」

ヤンキースの田中将大投手は26日(日本時間27日)、敵地で行われたブレーブスとのダブルヘッダー第2試合で今季5度目の先発登板。5回4奪三振無四球、3安打無失点と好投したが、救援投手が打たれて今季初勝利はならなかった。防御率3.48。チームは逆転負けで今季ワーストを更新する5連敗となった。

ブレーブス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ブレーブス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

今季5度目の先発登板は5回4奪三振無四球、3安打無失点、防御率3.48

■ブレーブス 2-1 ヤンキース(ダブルヘッダー2試合目・日本時間27日・アトランタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は26日(日本時間27日)、敵地で行われたブレーブスとのダブルヘッダー第2試合で今季5度目の先発登板。5回4奪三振無四球、3安打無失点と好投したが、救援投手が打たれて今季初勝利はならなかった。防御率3.48。チームは逆転負けで今季ワーストを更新する5連敗となった。

 今季4勝を挙げている左腕フリードとの投手戦。4回、1点リードした5回と2イニング連続で3者凡退に抑えたが、66球での降板となった。5回終了時点でブーン監督から体の状態を聞かれた田中は、「正直に『残りのタンクが少なくなっている』と。そこは正直に話して、あとは監督に判断していただいたという感じです。(疲れは)日によってゲーム毎によって違う。それは一概に数字(球数)だけでは語れない部分はありますね」と振り返った。

 前回18日(同19日)のレイズ戦では4回8安打6失点(自責5)で今季初黒星。25日(同26日)に報道陣のオンライン会見に応じ、「メカニックの修正は必要だったので、色々と試行錯誤しながらやれたと思います」と話していた。米メディアからこの日の投球の出来を問われた右腕は「良かったと思います。だけど安心できるわけではないので。一番大事なのは継続して。こういうクオリティで投げていくこと。それを目指してやっていきたい。スライダーは良かったですね。うまくアジャストできたと思いますし、それ以外のボールも効果的に使えていたからこそスライダーが生きたんだと思います」と前を向いた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」