野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 山口俊
  • 山口俊、好救援で初勝利 元WBC米国監督も称賛「素晴らしい」「スプリットも効果的」

山口俊、好救援で初勝利 元WBC米国監督も称賛「素晴らしい」「スプリットも効果的」

ブルージェイズの山口俊投手は26日(日本時間27日)、ニューヨーク州バッファローで行われたレッドソックス戦の3回から2番手として救援登板。メジャー自己最長の4回を投げて2奪三振2四球2安打1失点と好投し、メジャー初勝利を挙げた。

Rソックス戦に登板したブルージェイズ・山口俊【写真:AP】
Rソックス戦に登板したブルージェイズ・山口俊【写真:AP】

元WBC米国代表監督のマルティネス氏「非常に良い直球を投げます。スプリットも効果的です」

■Bジェイズ 9-1 Rソックス(日本時間27日・バッファロー)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ブルージェイズの山口俊投手は26日(日本時間27日)、ニューヨーク州バッファローで行われたレッドソックス戦の3回から2番手として救援登板。メジャー自己最長の4回を投げて2奪三振2四球2安打1失点と好投し、メジャー初勝利を挙げた。

 2点リードの3回からマウンドへ上がった。先頭のブラッドリーJr.の遊撃内野安打、チャベスの四球で無死一、二塁としたが、ベルドゥーゴを二ゴロ併殺打に打ち取った。4回は2死からモアランドに左越えソロを浴びたものの、3点リードとなった5回は3者凡退。6回は2死からマルティネスを四球で歩かせたが、ボガーツを空振り三振に仕留めた。4回59球(ストライク36球)を投げ、2四球2奪三振2安打1失点。防御率4.26となった。

 チームは先発陣に故障者続出。3回からの中継ぎ登板とはいえ、長いイニングを投げることが期待されていた。地元放送局「スポーツネット・カナダ」の実況はダン・シュルマン氏、解説はブルージェイズ元監督で第1回WBCで米国代表を指揮したバック・マルティネス氏。8月は6試合で防御率1.54と状態を上げている右腕をマルティネス氏は放送中に右腕を高く評価した。

「日本で先発投手として大きな成功を掴みました。私が思うに、腕の振りのスピードも腕の強さもどんどん良くなっています」

「非常に良い直球を投げます。スプリットも効果的です。今夜、彼のカーブも見させてもらいました。登板して持ち球を全て駆使しています」

「過去何回かの登板で、持ち球が目に見えて良くなってますね。スプリングトレーニングではこのような質の高い投球は見られませんでしたが、最近は素晴らしいです」

 6回2死一塁からは強打者ボガーツを空振り三振に仕留め、実況も「ヤマグチがボガーツから三振を奪いました。4回の素晴らしいリリーフ登板を見せてくれました」と称えた。8試合目の登坂で白星をつかむ好救援に、地元放送局も大きな称賛を寄せていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」