野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、ムーアの来日初勝利で破竹7連勝 パ最多10人目の先発投手勝利と驚異の充実ぶり

ソフトバンクは29日、本拠地PayPayドームで日本ハムと戦い、3-0で勝利した。相手守備の乱れで1点をもらうと、ふくらはぎの故障から復帰した先発のマット・ムーア投手が5回4安打無失点と好投。来日初勝利をマークし、チームは今季最長の7連勝とした。

ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】

約2か月ぶりの先発マウンドとなったムーアは5回無失点と好投

■ソフトバンク 3-0 日本ハム(29日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは29日、本拠地PayPayドームで日本ハムと戦い、3-0で勝利した。相手守備の乱れで1点をもらうと、ふくらはぎの故障から復帰した先発のマット・ムーア投手が5回4安打無失点と好投。来日初勝利をマークし、チームは今季最長の7連勝とした。

 6月30日の日本ハム戦で先発したあと、7月7日の練習中に左ふくらはぎを肉離れして離脱。約2か月ぶりの1軍マウンドは90球の球数制限付きでの先発だった。初回に2本の安打、2回には2つの四球を与えるなど、4回以外は毎回走者を背負ったが、粘って日ハム打線にあと1本を許さなかった。

 6回以降は松本が2イニングを無失点に封じ、8回はモイネロ、9回は守護神の森が凌いで逃げ切った。「まずは怪我から復帰できたことを非常に嬉しく思います。フォアボールが多く、球数が多くなってしまったことは反省点ですが、復帰1試合目としてはまずまずの投球ができました」と降板後にコメントしたムーアが来日初勝利を飾った。

 このムーアの勝利でソフトバンクは今季、先発投手で10人目の勝利をマークした投手になった。今季チームトップの6勝をマークする石川柊太、5勝の千賀滉大をはじめ、若い笠谷俊介や28日に今季初先発で初勝利をマークした武田翔太などなど、多彩な先発陣が次々に勝利投手になっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」