野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、秋山に右前打許すも6回8K無失点で降板 メジャートップタイ6勝目の権利

ダルビッシュ、秋山に右前打許すも6回8K無失点で降板 メジャートップタイ6勝目の権利

カブスのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、敵地のレッズ戦で先発登板。6回まで8奪三振、7安打無失点と好投し、今季6勝目の権利を手に降板した。防御率1.47。「7番・中堅」で先発出場したレッズの秋山翔吾外野手とメジャー初の直接対決は打撃妨害、投ゴロ失策、右前打。2打数1安打3出塁だった。

敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

6戦6勝となれば、95年野茂、02年石井に並んで日本人投手最長タイ

■レッズ – カブス(ダブルヘッダー第1試合・日本時間30日・シンシナティ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、敵地のレッズ戦で先発登板。6回まで8奪三振、7安打無失点と好投し、今季6勝目の権利を手に降板した。防御率1.47。「7番・中堅」で先発出場したレッズの秋山翔吾外野手とメジャー初の直接対決は打撃妨害、投ゴロ失策、右前打。2打数1安打3出塁だった。

 ダルビッシュはバウアーとの投げ合いとなった。初回は3者凡退の上々の立ち上がり。秋山との対戦は2回2死一塁で迎えた。注目の初球。秋山は真ん中外寄りの82マイル(約132キロ)のスライダーを振ったが、バットが捕手のカラティニのミットをかすった。打撃妨害(捕手失策)で出塁。ダルビッシュにとっては一、二塁のピンチとなったが、ペイトンを二飛に打ち取った。

 3回はボットの右中間二塁打などで2死一、二塁としたが、スアレスを空振り三振。秋山との第2打席は4回2死で迎えた。1ボールからの2球目。88マイル(約141.6キロ)のカットボールは一塁線へのボテボテのゴロとなったが、ダルビッシュが処理できずに転倒。秋山はその間に一塁へ駆け抜け、2打席連続の失策で出塁した。ダルビッシュは続くペイトンの中前打で2死一、三塁としたが、バーンハートを右飛に打ち取った。

 5回は先頭・ボット、カステラノスの右前打で無死一、二塁のピンチを招いた。ウインカー、スアレスと2者連続で見逃し三振に仕留め、ムスタカスを四球で歩かせて満塁としたが、ガルビスを三ゴロに抑えた。6回先頭の秋山との対決では右前打を許したが、ペイトンを一ゴロ併殺打に。バーンハートを見逃し三振に切り捨てた。6回104球(ストライク75球)を投げ、8奪三振2四球、7安打無失点。最速98.4マイル(約158.4キロ)。

 ダルビッシュと秋山の日本時代の対戦成績は通算5打数無安打3三振1死球。この日は9年ぶりの対決だった。ダルビッシュは前回23日(同24日)の本拠地ホワイトソックス戦で7回6安打1失点。毎回10三振を奪い、7月31日の本拠地パイレーツ戦から5試合で5連勝となった。6戦6勝となれば、日本人投手最長タイで95年野茂英雄、02年石井一久以来3人目。ダルビッシュの勝敗なしを挟んだ6連勝はレンジャーズ時代の12~13年に記録されている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」