ダルビッシュに投げ負けるも…鬼才バウアーは投げ合い楽しむ「大好きだからね」

敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

サイ・ヤング賞争うだろう両右腕の対決はダルビッシュに軍配

■カブス 3-0 レッズ(ダブルヘッダー第1試合・日本時間30日・シンシナティ)

 カブスのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、敵地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1試合で先発登板。6回まで8奪三振、7安打無失点と好投し、今季6勝目を挙げた。防御率1.47。試合後、ダルビッシュと投げ合ったバウアーは「彼と投げ合うのを楽しみにしていた。去年は僕が勝った。今年は彼が勝った。また、今シーズン、対戦するのを楽しみにしている。ラウンド3をどちらが取るかだね」と早くも次回の投げ合いを心待ちにした。

 ダルビッシュは初回を3者凡退に抑えてから毎回走者を出したが、6回7安打無失点と踏ん張った。一方、バウアーはリゾに2打席連続でソロ本塁打を許すなど5回1/3で4安打3失点。今季2敗目(3勝)を喫した。サイ・ヤング賞を争うだろう両右腕の対決はダルビッシュに軍配。試合後、バウアーは「今日は僕にとって、多くのことがうまくいかなかった。ただ、カブスが本当に良かった」と振り返り、ダルビッシュへの思いを打ち明けた。

「ダルビッシュが投げると知って、(投げ合うのを)とても、楽しみにしていた。ワクワクしていたよ。ユウのことは大好きだからね。彼のことを長い間、研究してきた。見るのがとても楽しい投手だ。僕らは、武器とか、打者に対しての攻略の仕方などが、とても似ていると思う。だから、彼と投げ合うのを楽しみにしていた。去年は僕が勝った。今年は彼が勝った。また、今シーズン、対戦するのを楽しみにしている。ラウンド3をどちらが取るかだね」

 ダルビッシュは7月31日の本拠地パイレーツ戦から6試合で6連勝。日本人投手の6戦6勝は95年野茂英雄、02年石井一久以来3人目だ。今季リーグ屈指の好成績を残していた鬼才バウアーにも投げ勝った。まさに無双の投球を続けている。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY