6勝目のダルビッシュをロス監督絶賛「全て上手く行っている」 日本人3人目の6戦6連勝

敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

レッズとのダブルヘッダー1試合目に先発して6回無失点と好投

■カブス 3-0 レッズ(ダブルヘッダー第1試合・日本時間30日・シンシナティ)

 カブスのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、敵地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1試合に先発し、メジャートップタイの今季6勝目をマークした。6回を投げて7安打無失点8奪三振と好投。7月31日の本拠地パイレーツ戦から6試合で6連勝。日本人投手としては1995年の野茂英雄氏、2002年石井一久氏以来、3人目の6戦6勝とした。

 初回は3者凡退の上々の立ち上がり。秋山との9年ぶりの対戦は2回2死一塁で迎えた。注目の初球はファウルだったが、捕手のミットにバットが当たり打撃妨害(捕手失策)で出塁。一、二塁にピンチが広がったが、ペイトンを二飛に打ち取った。

 その後もダルビッシュはゼロ行進を続けた。4回2死での秋山の第2打席はダルビッシュがゴロを処理できずに失策。6回先頭で迎えた3度目の対決は右前打を許した。それでも、ダルビッシュはレッズ打線に最後まで得点を許さず。6回104球(ストライク75球)を投げて7安打8奪三振2四球。最速98.4マイル(約158.4キロ)で6勝目をマークした。

 チームの連敗を止める快投にカブスのデビッド・ロス監督もダルビッシュを絶賛。地元紙「シカゴ・トリビューン」は「ベースボールのジャーニーの中で、ある地点にたどり着いたとき、自分が出来る能力に、精神的な面が追いつき、全てが上手く行きだすようになる。僕は、彼が、今、そんなとても良い場所にいるんだと思っている」との指揮官のコメントを伝えた。

 また、MLB公式サイトも「彼が来た時に、野球でどんなに多くのことが出来るか聞いていて、今、それを実際に見ている。彼は、今、自分自身にとても心地よく感じているんだと思う」と指揮官のコメントを紹介。6連勝という圧倒的な活躍を見せるダルビッシュの充実ぶりを指揮官も感じているようだった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY