野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹ムーア、初勝利を支えた2人“女房”の存在「ワイフは偉大」「リードを信じた」

ソフトバンクの助っ人左腕マット・ムーア投手が、29日の日本ハム戦に先発。故障明けで球数制限がある中での登板となったが5回無失点の好投を見せ来日初勝利を挙げた。この日は「タカガール デー」と連動したピンクリボン運動支援としてピンクリボンユニフォームを着用。記念のユニフォームは愛妻への最高のプレゼントとなりそうだ。

ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】

球数制限を超えたベンチの続投判断に「本当に感謝」

■ソフトバンク 3-0 日本ハム(29日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクの助っ人左腕マット・ムーア投手が、29日の日本ハム戦に先発。故障明けで球数制限がある中での登板となったが5回無失点の好投を見せ来日初勝利を挙げた。この日は「タカガール デー」と連動したピンクリボン運動支援としてピンクリボンユニフォームを着用。記念のユニフォームは愛妻への最高のプレゼントとなりそうだ。

 7月7日の練習中に左ふくらはぎ筋挫傷を負ったムーアは、翌日に登録抹消。1か月半のリハビリを経て、ようやく実戦に復帰した。故障明けということもあり、この日は90球という球数制限を言い渡されての登板となった。

 立ち上がりに不運な内野安打からピンチを背負うが無失点で切り抜けると、2回以降も走者を出しながら粘りのピッチングを展開した。1点リードで迎えた5回2死一、三塁となったところで球数は89球。

 森山良二投手コーチがマウンドに行って降板を促したが、ムーアは「もう1人行かせて欲しい」と直訴。森山コーチがベンチに向かって人差し指を立てながら工藤公康監督への伺いを立てた。指揮官は「あそこで抑えるかどうかで勝ちの権利も出るから」と頭上で大きな丸を作ってOKサイン。ムーアは西川遥輝を渾身の力で空振り三振に斬ったが、試合後は「あそこで行かせてくれたことに本当に感謝している」とベンチの決断に頭を下げた。

「接戦の中で自分でも粘っていけた。チームはいい流れで来ているので、いい意味でチームに貢献できたと思う」とムーア。記念のウイニングボールは「アメリカ時代の記念のボールのコレクションに加えるよ」と声を弾ませた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」