野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 6連勝&防御率1.47 ダルビッシュに米記者から絶賛の声「サイ・ヤング賞の有力候補」

6連勝&防御率1.47 ダルビッシュに米記者から絶賛の声「サイ・ヤング賞の有力候補」

カブスのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、敵地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に先発し、メジャートップタイの6勝目をマークした。6回を投げて7安打無失点8奪三振。7月31日の本拠地パイレーツ戦から6試合で6連勝とし、日本人投手としては1995年の野茂英雄氏、2002年の石井一久氏以来、3人目の6戦6勝となった。

敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
敵地レッズ戦のダブルヘッダー第1試合に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

6試合で6連勝は野茂英雄、石井一久に続く日本人3人目

■カブス 3-0 レッズ(ダブルヘッダー第1試合・日本時間30日・シンシナティ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、敵地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に先発し、メジャートップタイの6勝目をマークした。6回を投げて7安打無失点8奪三振。7月31日の本拠地パイレーツ戦から6試合で6連勝とし、日本人投手としては1995年の野茂英雄氏、2002年の石井一久氏以来、3人目の6戦6勝となった。

 初回3者凡退と上々の立ち上がりを見せたダルビッシュ。2回2死一塁での秋山翔吾外野手と9年ぶりに対戦は初球で空振りを奪ったが、打撃妨害(捕手失策)で出塁を許した。4回2死での秋山の第2打席はダルビッシュが投ゴロ失策。6回先頭で迎えた3度目の対決は右前打を許した。それでも、ダルビッシュはレッズ打線に最後まで得点を許さずに6回を無失点に封じた。

 7本の安打を浴びながらも、レッズ打線に得点を与えずに粘りの投球を披露したダルビッシュ。破竹の6連勝とした右腕に対して米記者たちからも称賛の嵐が巻き起こった。

 地元シカゴのテレビ局「WGN」のプロデューサーであるラリー・ホーリー氏は自身のツイッターで「今日も6イニングを無失点に抑えて防御率は1.47。ユウ・ダルビッシュの登板は、カブスファンにとって今後絶対に見逃せないものとなった。彼は投球するたびにサイ・ヤング賞をアピールすることになる」と伝えた。

 また米紙「USAトゥデイ」のボブ・ナイチンゲール氏も「ユウ・ダルビッシュは、6勝1敗、防御率1.47。2年前、僕は彼をサイ・ヤング賞に予想した。彼は、今、ナ・リーグのサイヤング賞の有力候補となった」と絶賛。日本人初のサイ・ヤング賞の可能性が十分にあると指摘していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」