大谷翔平、平野佳寿との米初対決は右飛 145キロ直球で打ち取られる

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

8回無死一塁で平野と対戦、ここまで3打数1安打1盗塁

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間31日・ロサンゼルス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地のマリナーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回1死で四球を選ぶと、3回2死では右前打を放って2試合ぶり安打をマーク。8回の第4打席では平野佳寿投手とメジャー初対戦し、右飛に倒れた。

 初回1死では四球を選んで出塁。2死後、レンドンの打席で二盗を決め、今季5個目の盗塁をマークした。3回2死では打球速度110マイル(約177キロ)の“弾丸”右前打。3試合ぶり今季6度目のマルチ安打となった。6回無死一塁は見逃し三振に倒れた。

 平野との米初対決は同点の8回無死一塁だった。1ストライクからの2球目。高めの90.1マイル(約145キロ)のフォーシームを振ったが、高く上がる右飛となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY