野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園のスターから挫折、運命の出会い… 西武ドラ8岸が明かすプロ入りの真実

コロナ禍の影響で6月19日に開幕したプロ野球は、今シーズンの折り返しを迎えた。31日現在5位と苦しい戦いが続いているが、後半の巻き返しに期待がかかる埼玉西武ライオンズ。リーグ3連覇を狙うチームに、今年入団したルーキーを紹介していく。

西武のドラフト8位ルーキー・岸潤一郎【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
西武のドラフト8位ルーキー・岸潤一郎【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

明徳義塾では春夏4度の甲子園出場しU-18日本代表を経験も「自分には飛び抜けたものがなかった」

 コロナ禍の影響で6月19日に開幕したプロ野球は、今シーズンの折り返しを迎えた。31日現在5位と苦しい戦いが続いているが、後半の巻き返しに期待がかかる埼玉西武ライオンズ。リーグ3連覇を狙うチームに、今年入団したルーキーを紹介していく。

 第1回目は独立リーグ、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスからドラフト8位で入団した岸潤一郎外野手だ。高校時代は投手、打者としては中軸を担う二刀流の活躍で甲子園を沸かせたが、大学進学後は怪我に苦しみ一度野球から離れた経験を持つ。

 高知・明徳義塾高では、春夏4度甲子園に出場し投打で活躍。3年時には岡本和真内野手(現・巨人)らとともにU-18日本代表にも選出されたが、プロ志望届は提出せず拓大に進学した。しかし入学後は怪我に悩まされ、3年時に野球部を退部。大学も中退した。

「同級生に岡本や安樂(現・楽天)がいて、岡本のパワーや安樂のストレートの速さが自分には足りていないと感じました。自分には飛び抜けたものがなかった。なので、投手としても、野手としてもレベルアップするために大学に進みました。同級生がプロで活躍している姿は『すごいなぁ』と見ていました。自分もいつか同じ舞台でプレーしたいと思っていたけれど、怪我をしてリハビリが全然上手くいかなかった。もう野球から完全に離れたいと思い、大学も辞めました」

 家族は野球を続けてほしいと願ったが、決意は固かった。辞めてからのことは、何一つ考えていなかった。「何とかなるだろう……」。そんな気持ちで過ごしていた時、転機が訪れた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」