野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人の坂本&丸がついに復調、阪神サンズが“2冠”…セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れて開幕したプロ野球は、6月19日の開幕から折り返しを迎えた。各チームが60試合超を消化し、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

巨人・坂本勇人(左)と阪神のジェリー・サンズ【写真:Getty Images、荒川祐史】
巨人・坂本勇人(左)と阪神のジェリー・サンズ【写真:Getty Images、荒川祐史】

巨人は5勝1敗で独走体制、ヤクルト1勝5敗で最下位転落

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れて開幕したプロ野球は、6月19日の開幕から折り返しを迎えた。各チームが60試合超を消化し、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 開幕から2か月以上が経過した8月24日から8月30日までの1週間の選手成績を検証し、Full-Count独自に週間ベストナインを選出した。今回はセ・リーグ第11週だ。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 59試合35勝21敗3分
→2 DeNA 62試合31勝28敗3分 5.5
↑3 阪神 60試合29勝28敗3分 1.0
↓4 中日 63試合27勝32敗4分 3.0
↑5 広島 60試合24勝30敗6分 0.5
↓6 ヤクルト 60試合24勝31敗5分 0.5

【第11週セ・リーグ】
1 巨人 5勝1敗0分
1 阪神 5勝1敗0分
3 DeNA 4勝2敗0分
4 広島 2勝4敗0分
5 中日 1勝5敗0分
5 ヤクルト 1勝5敗0分

 第11週のセ・リーグは巨人と阪神が5勝1敗と好調だった。巨人は2位DeNAとの差を5.5ゲーム差に広げて独走体制に入りつつある。阪神は前週の4位から順位を上げて3位に浮上。一方で前週は好調だった中日が1勝5敗と苦しみ4位に。ヤクルトも1勝5敗で最下位に転落した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」