野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、今季6試合目で初勝利 6回3安打2失点に「スライダーがキーになった」

田中将大、今季6試合目で初勝利 6回3安打2失点に「スライダーがキーになった」

ヤンキースの田中将大投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのレイズ戦で今季6試合目の先発マウンドに上がり、今季初勝利をあげた。今季最長の6回88球を投げて3安打2失点7奪三振と好投。試合後には初勝利について「大きかったと思います。チームでいい野球ができたと思うし、タンパベイではやられているというのがあったのでやり返したい思いがあった」と振り返った。

本拠地でのレイズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】
本拠地でのレイズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】

筒香との今季3度目の対戦は二ゴロ、遊直で2打数0安打に封じる

■ヤンキース 5-3 レイズ(日本時間2日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのレイズ戦で今季6試合目の先発マウンドに上がり、今季初勝利をあげた。今季最長の6回88球を投げて3安打2失点7奪三振と好投。試合後には初勝利について「大きかったと思います。チームでいい野球ができたと思うし、タンパベイではやられているというのがあったのでやり返したい思いがあった」と振り返った。

 初回は2つの三振を奪い、上々の立ち上がりを見せていた田中。3回にはペレスに四球を与えたが、2つの三振を奪い無失点。4回の筒香の2打席目はショートへのライナーだった。2点リードで迎えた5回、先頭のアダメスに二塁打を許すと、続くキアマイアーには右翼アッパーデッキまで運ばれる特大2ランを被弾して同点に追いつかれた。

 今季ここまで5回が最長だった田中は6回もマウンドへ。ロウ、メドウズを空振り三振に打ち取るなど、3者凡退に打ち取ると、その直後にウルシェラの2点適時三塁打などでチームが勝ち越しに成功した。田中は6回3安打2失点7奪三振で降板。ヤンキースは7回以降、リリーフ陣が踏ん張ってリードを守り、田中は今季6試合目の先発で初勝利となった。

 試合後、田中は「間違いなくキーになったボールはスライダーでした」とコメントし、この日はスライダーがポイントになったと振り返る。今季最長の6回を投げたことについて「5回降りた時に5回で30球くらい投げたので監督から『どうだ?』との会話はあったけど『行ける』と伝えました。最後、いい形でマウンドを降りることができて良かったと思います」と明かした。

 今季3度目となった筒香との対戦は二ゴロ、遊直に封じて2打数無安打。8月7日(同8日)、8月18日(同19日)の試合でも2打数0安打に封じており、この日で通算対戦成績は6打数0安打となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」