野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 頭部への162キロで遺恨 一触即発の睨み合い、レイズ指揮官は“報復予告”?

頭部への162キロで遺恨 一触即発の睨み合い、レイズ指揮官は“報復予告”?

ヤンキースの田中将大投手が今季初勝利をマークした1日(日本時間2日)の本拠地でのレイズ戦。日本人右腕が6回3安打2失点と好投して白星を掴んだ一戦は、後味の悪い幕切れとなった。

ヤンキース対レイズ戦の終了直後に両軍ベンチから選手らが飛び出す事態が発生した【写真:AP】
ヤンキース対レイズ戦の終了直後に両軍ベンチから選手らが飛び出す事態が発生した【写真:AP】

キッカケは田中将大の死球?「ウェンドルは死球は偶然ではないと信じている」

■ヤンキース 5-3 レイズ(日本時間2日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手が今季初勝利をマークした1日(日本時間2日)の本拠地でのレイズ戦。日本人右腕が6回3安打2失点と好投して白星を掴んだ一戦は、後味の悪い幕切れとなった。

 ヤンキースが2点をリードして迎えた9回のレイズの攻撃だった。2死から打席に立ったマイケル・ブロソーへの初球。ヤンキースの守護神アロルディス・チャップマンが投じた100.5マイル(約161.7キロ)はブロソーへの頭部付近へ。間一髪のところでブロソーが回避したものの、不穏な空気が流れた。

 チャップマンがブロソーを空振り三振に切って取ると、レイズサイドの怒りが爆発。ブロソーが声を荒げてチャップマンとヤンキースに向けて抗議の矛先を向けると、両軍の監督、選手らがベンチを飛び出して睨み合いに。ブルペンにいた投手陣も駆けつけ、一触即発の事態となった。

 乱闘こそ避けられたものの、両軍の怒りはおさまらず。MLB公式レイズ番フアン・トリビオ記者が自身のツイッターで伝えたところによると、レイズのケビン・キャッシュ監督は「馬鹿げている。もうたくさんだ。ヤンキースによる間違った行いだ。(ヤンキースは)あわれな判断。あわれなコーチング。あわれなティーチング」とヤンキースサイドを非難した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」