野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 田中将大の“故意死球”が疑われた乱闘騒動 遺恨の背景にある2年前の出来事

田中将大の“故意死球”が疑われた乱闘騒動 遺恨の背景にある2年前の出来事

1日(日本時間2日)にヤンキースタジアムで行われたヤンキースとレイズの一戦で起きた、両軍が睨み合う一触即発の事態。9回にヤンキースのアロルディス・チャップマン投手が、レイズのマイケル・ブロソーに投じた頭部近くを通過する1球が引き金となり、試合終了後に両軍がベンチから飛び出して入り乱れる騒ぎとなった。

ヤンキース対レイズ戦の終了直後に両軍ベンチから選手らが飛び出す事態が発生した【写真:AP】
ヤンキース対レイズ戦の終了直後に両軍ベンチから選手らが飛び出す事態が発生した【写真:AP】

2018年にサバシアが投じた“報復死球”が両球団の遺恨に

■ヤンキース 5-3 レイズ(日本時間2日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 1日(日本時間2日)にヤンキースタジアムで行われたヤンキースとレイズの一戦で起きた、両軍が睨み合う一触即発の事態。9回にヤンキースのアロルディス・チャップマン投手が、レイズのマイケル・ブロソーに投じた頭部近くを通過する1球が引き金となり、試合終了後に両軍がベンチから飛び出して入り乱れる騒ぎとなった。

 ヤンキースの田中将大投手が今季初勝利をマークしたこの試合。ヤンキースが2点をリードして迎えた最終回にその1球は起こった。2死からチャップマンがブロソーへ投じた初球の100.5マイル(約161.7キロ)はブロソーへの頭部付近へ。間一髪のところでブロソーは回避したものの、危険な1球に不穏な空気が流れた。

 その後、チャップマンがブロソーを空振り三振に切って取ったものの、“何か”に反応するようにブロソーが声を荒げると、両軍の監督、選手らが一斉にベンチから飛び出して睨み合いに。ブルペンにいた投手陣も駆けつけ、レイズベンチ前で睨み合いとなった。

 ヤンキースとレイズの因縁は2018年にまで遡る。当時ヤンキースのCC・サバシア投手が、レイズ選手に死球を与えた。直前に味方が頭部付近へのビーンボールを浴びており、その“報復”の死球だった。ここからヤンキースとレイズの間には遺恨が残る。今年の8月8日(同9日)のダブルヘッダー第2戦でもレイズの投手が再三、頭部付近への投球を繰り返し、これに抗議したヤンキースのアーロン・ブーン監督らが退場になっていた。

 そしてこの日の初回に田中がジョーイ・ウェンデルに死球を与えたことで、レイズの怒りの導火線の火が燻り始めた。そして、9回のチャップマンのブロソーの頭部付近への1球。これで怒りが爆発した。

 試合後、レイズのケビン・キャッシュ監督は「3年前には私たちの選手が故意に投じた球は1球もなかった、と断言できる。誰かに責任がある。そして最後に言っておくが98マイル投げられる投手がこちらにはたくさんいる」と脅しの発言が。これに対してブーン監督は「それはかなり恐ろしいコメントだ」と反応した。2年前から燻り続ける両チームにある遺恨。今季レギュラーシーズンでの残る対戦は2日(3日)の試合のみ。何事もなく終わることを願いたい。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」