野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

藤川球児の“火の玉ストレート”は「魔球だった」 球界OBが証言する剛球の正体

阪神の藤川球児投手が今季限りで現役を引退する決意をした。高知商から1998年ドラフト1位で阪神に入団すると、“火の玉ストレート”と称される剛速球で打者を圧倒した。ジェフ・ウィリアムス、久保田智之と鉄壁のリリーフトリオ“JFK”を形成し、守護神として阪神のリーグ優勝に貢献。メジャー移籍を経て、阪神に戻った後も貴重な戦力としてチームに貢献した。

阪神・藤川球児【写真:津高良和】
阪神・藤川球児【写真:津高良和】

対戦相手として間近で見た川崎憲次郎氏「ボールが唸りを上げていた」

 阪神の藤川球児投手が今季限りで現役を引退する決意をした。高知商から1998年ドラフト1位で阪神に入団すると、“火の玉ストレート”と称される剛速球で打者を圧倒した。ジェフ・ウィリアムス、久保田智之と鉄壁のリリーフトリオ“JFK”を形成し、守護神として阪神のリーグ優勝に貢献。メジャー移籍を経て、阪神に戻った後も貴重な戦力としてチームに貢献した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 阪神戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 各方面から引退を惜しむ声が聞こえる中、藤川が全盛期に投げていたストレートは「魔球だった」と言うのが、元ヤクルト、中日の川崎憲次郎氏だ。対戦相手として、たびたびその投球を間近で見た川崎氏はこう語る。

「いや、あのストレートは本当に凄かった。唸る球っていうのは、まさに藤川投手が投げたストレートですよ。まるで漫画の世界みたいに、ボールが浮き上がるイメージ。いわゆるライジングボールですよね。ボールが唸りを上げていました」

 平松政次のカミソリシュート、伊藤智仁のスライダーなど、これまで「魔球」と呼ばれる球はあったが、川崎氏は藤川のストレートも「魔球」だと話す。

「魔球というと、どうしても変化球をイメージするかもしれませんが、藤川投手のストレートも魔球ですよね。だって、打者が狙っても打てないんですよ。打者はストレートを待っている。藤川投手もキャッチャーのサインに首を振って、ストレートで勝負する。それでも打てないわけです。僕は対戦相手として藤川投手の投球を見ただけですが、あんなストレートを投げるピッチャーは彼しかいませんでしたね」

 残り2か月あるとは言え、日米通算250セーブまで、あと「5」に迫る中で決めた引退。代名詞とされる“火の玉ストレート”のように、引き際も潔かった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」