野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武内海“空白の1年”を経て待望の移籍後初勝利 「本当に辛い思いばかりしてきた」

西武の内海哲也投手が2日、ZOZOマリンで行われたロッテ戦に先発。5回2安打6奪三振無失点の好投で移籍後初勝利。巨人時代の2018年8月21日DeNA戦以来、743日ぶりの白星を手にしたベテラン左腕はヒーローインタビューで「本当に辛い思いばかりしてきた。ようやく勝てたなと」と感慨深く語った。

移籍後初勝利を挙げた西武・内海哲也【画像:パーソル パ・リーグTV】
移籍後初勝利を挙げた西武・内海哲也【画像:パーソル パ・リーグTV】

「ベスト尽くしてようやく貢献できた。これを何回も続けれるように頑張りたい」

■西武 4-2 ロッテ(2日・ZOZOマリン)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の内海哲也投手が2日、ZOZOマリンで行われたロッテ戦に先発。5回2安打6奪三振無失点の好投で移籍後初勝利。巨人時代の2018年8月21日DeNA戦以来、743日ぶりの白星を手にしたベテラン左腕はヒーローインタビューで「本当に辛い思いばかりしてきた。ようやく勝てたなと」と感慨深く語った。

 巧みな投球術で走者を許しても無失点に抑えた内海は「素直に嬉しいですけど5回しか投げられなかったのでバッター陣とあと投げたピッチャー人に感謝したいです」と、ナインに感謝した。

 投球内容については「先頭四球が2回あって、あんまりリズムよくないなって思いながら立ち上がったのですが。回を追うごとに調子も良くなってきて5回しか投げられなかったですが良かったです」と語った。

 西武に移籍後初勝利となったウイニングボールを手にし「去年、人的補償で入って期待されてきたのですが何も活躍できず、1軍登板もできず本当に辛い思いばかりしてきた。ようやく勝てたなと」と、これまでの苦労を振り返った。

 今後も先発陣の一角として期待されるが「辛い思いしてきたので、与えられた試合でベスト尽くしてようやく貢献できた。これを何回も続けれるように頑張りたい」と更なる飛躍を誓っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」