野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人にとっていいことづくし…専門家絶賛の原監督のマネジメント力とは?

巨人は3日、DeNAと本拠地で対戦し、2回まで13得点を奪う猛攻。13-4で大勝し、5連勝。貯金を17に増やした。巨人・原辰徳監督は2回で12点のリードを奪うと、13連戦の3戦目という過密日程を考慮し、早々と坂本ら主力を下げ、若手を次々に送り込んだ。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で活躍し、18年までヤクルトで2年間、バッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は、大阪への移動ゲームとなる翌日の阪神戦に備えた原監督の采配について「巨人のいいところしか目につかない試合になった」と振り返った。

巨人・原辰徳監督【写真提供:読売巨人軍】
巨人・原辰徳監督【写真提供:読売巨人軍】

ヤクルトなど4球団で活躍した野口寿浩氏が巨人の選手交代策を絶賛

■巨人 13-4 DeNA(3日・東京ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人は3日、DeNAと本拠地で対戦し、2回まで13得点を奪う猛攻。13-4で大勝し、5連勝。貯金を17に増やした。巨人・原辰徳監督は2回で12点のリードを奪うと、13連戦の3戦目という過密日程を考慮し、早々と坂本ら主力を下げ、若手を次々に送り込んだ。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で活躍し、18年までヤクルトで2年間、バッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は、大阪への移動ゲームとなる翌日の阪神戦に備えた原監督の采配について「巨人のいいところしか目につかない試合になった」と振り返った。

 巨人はこの日、1点ビハインドの初回、岡本の右前適時打などで3点を奪って逆転すると、2回には松原のプロ1号右越え3ラン、岡本の8月19日以来となる19号右越え2ランなど5連打で先発のパットンをKO。2番手の武藤にもたたみ掛け、合計10点を奪うと、指揮官は坂本、亀井を下げて増田大、若林を投入。3回には中島にも代走として重信を送り、4回には岡本、丸に代えてウィーラー、北村を出すと、8回からは捕手の大城に代え、岸田も起用する交代策。巨人ベンチの先を見据えた采配を、野口氏は絶賛した。

「すごく早い回に選手を交代させたけど、これは13点がもたらした効果。翌日、(阪神戦のための)大阪移動がある中で、ベンチとしては少しでも早く、主力を休ませたいところだった。大量リードがなければ、あそこまで早い交代はできない。しかも、どの選手も打っているから気持ちよく交代できる。亀井クラスのベテランになれば気にならないが、坂本も丸も今季は出だしが良くなくて、ようやく調子が上向きになってきたところ。岡本も久々の本塁打だった。打てないで交代すると、気持ちもモヤモヤするが、打って交代だとメンタル的にもいい」

 野口氏によると、原監督のこの交代策は、レギュラー陣だけでなく、控えの野手陣にとってもメリットがあったという。この日、途中出場した6人の野手のうち、5人が2度、打席に立った。普段、終盤の守備固めや代走で出場する選手たちにとって、1試合で2度打席に立てるのは貴重な機会。その中で、増田大が安打を放つなど、若手にとっては絶好のアピールの場にもなった。またこの日はスタメン起用だった松原も、プロ1号本塁打で存在感を放った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」