野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4日の公示 右手骨折の阪神・糸原健斗が復帰、楽天ドラ2黒川史陽、鷹・渡邉雄大が初昇格

4日のプロ野球公示で、阪神は糸原健斗内野手を登録した。糸原は7月22日の広島戦で負傷し、右手首付近の有鈎骨骨折と診断され同28日に手術を受けていた。今月1日の2軍戦で復帰し、計2試合で6打数2安打の成績を残していた。

楽天・黒川史陽(左)と阪神・糸原健斗【写真:荒川祐史】
楽天・黒川史陽(左)と阪神・糸原健斗【写真:荒川祐史】

糸原は7月28日に手術受け今月1日に2軍戦で実戦復帰していた

 4日のプロ野球公示で、阪神は糸原健斗内野手を登録した。糸原は7月22日の広島戦(甲子園)で負傷し、右手首付近の有鈎骨骨折と診断され同28日に手術を受けていた。今月1日の2軍戦で復帰し、計2試合で6打数2安打の成績を残していた。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクは8月31日に支配下登録された渡邉雄大投手が初昇格。ここまでウエスタン・リーグで12試合に登板して負けなしの2勝2セーブ、防御率0.00を誇っている。楽天のドラフト2位ルーキー黒川史陽内野手も同じくプロ初昇格。今季イースタン・リーグでここまで37試合に出場し、打率.261、4本塁打、18打点の成績を残していた。

 オリックスは、3日のソフトバンク戦で腰の違和感を訴えて途中交代していた松井雅人捕手を抹消。検査の結果、急性腰痛と診断されたと球団は発表した。さらに同試合で先発して5回4安打2失点と試合を作った増井浩俊投手も抹消された。替わってベテラン38歳の山崎勝己捕手を登録した。西武はサイド左腕の小川龍也投手を登録した。

 広島はクリス・ジョンソン投手を抹消した。3日の中日戦(ナゴヤドーム)で4回5失点の乱調。開幕から7連敗を喫し、外国人投手の開幕最多連敗記録を更新していた。

【セ・リーグ】
■出場選手登録
阪神 糸原健斗内野手

■出場選手登録抹消
阪神 長坂拳弥捕手
広島 K・ジョンソン投手

【パ・リーグ】
■出場選手登録
西武 小川龍也投手
ソフトバンク 渡邉雄大投手
楽天 黒川史陽内野手
オリックス 吉田一将
オリックス 山崎勝己捕手

■出場選手登録抹消
西武 齊藤大将投手
ソフトバンク 二保旭投手
楽天 小郷裕哉外野手
オリックス 増井浩俊投手
オリックス 松井雅人捕手

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」