野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DAZNが8月「月間最優秀バッテリー賞」候補を発表 巨人菅野、中日大野雄らハイレベルな争い

「DAZN(ダゾーン)」が特別協賛に入り新設された「2020プロ野球月間最優秀バッテリー賞」の8月受賞バッテリーの候補が発表された。「月間バッテリー賞」選考委員・多村仁志氏、中村紀洋氏がセ・パ3組を選出した。

中日・大野雄大(左)と巨人・菅野智之【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大(左)と巨人・菅野智之【写真:荒川祐史】

セのハイレベルな争い、巨人菅野は4戦4勝、中日大野雄は4戦4勝4完投、ヤクルト小川はノーノー

「DAZN(ダゾーン)」が特別協賛に入り新設された「2020プロ野球月間最優秀バッテリー賞」の8月受賞バッテリーの候補が発表された。「月間バッテリー賞」選考委員・多村仁志氏、中村紀洋氏がセ・パ3組を選出した。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 セ・リーグ、パ・リーグで選出された3組は以下の通り。(7月27日から8月23日までの試合)

○巨人・菅野-大城

 2か月連続のノミネートとなった巨人の“黄金バッテリー”は同期間で4戦4勝、1完投と圧巻の成績。菅野は球団では1990年の斎藤雅樹氏以来となる開幕8連勝を達成した。

○ヤクルト・小川-西田

 8月15日のDeNA戦(横浜スタジアム)では史上82人目のノーヒットノーランを達成。同期間では5試合に登板し3勝2敗、防御率2.29。4度のクオリティスタートをマークする安定感を見せた。

○中日・大野雄-木下

 同期間では4試合に登板し4勝4完投、防御率1.25。一人でマウンドを投げ抜く快投劇だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」