野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星が敵将もお手上げの2勝目 指揮官&米メディアは称賛「圧倒的な投球」

菊池雄星が敵将もお手上げの2勝目 指揮官&米メディアは称賛「圧倒的な投球」

マリナーズの菊池雄星投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのレンジャーズ戦に先発し、今季2勝目をマークした。今季6試合目の先発となった左腕は6回2安打1失点、7個の三振を奪う好投。前回登板だった8月27日(同28日)のパドレス戦に続き、自身2連勝をマークした。

本拠地でのレンジャーズ戦に先発登板し2勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
本拠地でのレンジャーズ戦に先発登板し2勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

レンジャーズ・ウッドワード監督「もう少しプレッシャーをかけなければならなかった」

■マリナーズ 6-3 レンジャーズ(日本時間5日・シアトル)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 マリナーズの菊池雄星投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのレンジャーズ戦に先発し、今季2勝目をマークした。今季6試合目の先発となった左腕は6回2安打1失点、7個の三振を奪う好投。前回登板だった8月27日(同28日)のパドレス戦に続き、自身2連勝をマークした。

 初回から3イニング連続で3者凡退。4回1死でカイナーファレファに左前打を許したものの、続くソラックを二ゴロ併殺打に抑えた。5回1死からトレビーノのソロで1点を失ったものの、最速の96.9マイル(約156キロ)の速球を武器に6回2安打1失点。6回1死に飛び出した三塁・シーガーの好守では力強いガッツポーズで雄叫びを上げた。レンジャーズのウッドワード監督は「彼がどんな投球(組み立て)をしてくるかは分かっていた。直球とカットボールを使っていて、我々はゴロを打ち続けてしまった。対戦相手にもう少しプレッシャーをかけなければならなかった」と肩を落とした。防御率5.23となった。

 地元紙「シアトル・タイムズ」は「左腕のユウセイ・キクチが手堅い投球を見せた」と評価し、マリナーズ・サービス監督のコメントを伝えた。「3-1や3-2のカウントからしっかりと(良い)球を投げ切る必要があった時も、彼は今夜その通りの投球ができた。彼には才能があり、良い球を投げるから、彼は投げ切ることができた」と、その投球を高く評価した。大リーグ公式サイトも「ユウセイ・キクチによる圧倒的な投球があった」と絶賛していた。

(Full-Count編集部=AP)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」