野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス“天敵”ロッテにホーム3連敗 工藤監督「何か策を考えて当たっていかないと…」

ソフトバンクは6日、本拠地PayPayドームでのロッテ戦に2-4で敗れ3連敗を喫した。首位をキープしているとはいえ、ゲーム差は一気に「0.5」に縮まった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

2試合続けて自分のリズムつかめない石川にアドバイスも

■ロッテ 4-2 ソフトバンク(6日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは6日、本拠地PayPayドームでのロッテ戦に2-4で敗れ3連敗を喫した。首位をキープしているとはいえ、ゲーム差は一気に「0.5」に縮まった。

 先発の石川は7回3安打4失点で降板し今季初黒星を喫した。工藤監督は「立ち上がりは良かったと思いますよ、ボールもコントロールも」としながらも、イニング先頭打者への四死球の多さに「リズムのいい投手ほど、リズムに乗るまでの微調整に時間がかかる。僕も(現役時代は)リズムを大事にしてきた人間なんでね」と語った。

 指揮官は降板後に石川と話をしたことを明かし「『ちょっと合わないな』と思う時はひと呼吸置いて投げるとか、別の方法を使ってみると面白いよと伝えました」とアドバイスを送った。

 打線については「若い人たちが出て何とかチャンスは作ったんですが、よく言われる『あと1本』というところですね。そこはロッテのバッテリーを含めて、しっかりコントロールされるとなかなか『あと1本』が出ない」と、ロッテ投手陣の粘りを称えるしかなかった。

 首位を争うロッテに3連敗し、対戦成績はソフトバンクの3勝8敗1分。すでに負け越し数は「5」となり、本拠地での対戦も1勝5敗と苦戦が続いているが「何か策を考えて当たっていかないといけない。そこはみんなに我慢して行かなきゃいけないところも出てくるかもしれない。負けているという現実を受け止めて、しっかりと対処しないといけないので、そこはバッティングコーチにも考えてもらいます」と言葉をふり絞った。

 7月5日の日本ハム戦以来となる日曜日の敗戦に「はい、またやり直しです」と自らに言い聞かせるかのように力を込めて語って会見を終えた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」