野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、6回途中4失点で2敗目 復帰後最多95球投げるもヤ軍は3連敗

田中将大、6回途中4失点で2敗目 復帰後最多95球投げるもヤ軍は3連敗

ヤンキースの田中将大投手は6日(日本時間7日)、敵地オリオールズ戦に先発し、2敗目を喫した。今季7試合目の先発マウンドに上がった右腕だったが、6回途中6安打4失点で降板。そのままヤンキースも敗れて、田中は敗戦投手となった。

オリオールズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】
オリオールズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】

初回に2点を先制されると、打線の援護もなし

■オリオールズ 5-1 ヤンキース(日本時間7日・ボルティモア)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は6日(日本時間7日)、敵地オリオールズ戦に先発し、2敗目を喫した。今季7試合目の先発マウンドに上がった右腕だったが、6回途中6安打4失点で降板。そのままヤンキースも敗れて、田中は敗戦投手となった。

 初回先頭のアルベルトに1ボールからセーフティーバントを決められると、続くDJスチュワートには1ボールからの2球目を右翼スタンドへ運ばれる2ランを被弾。わずか4球で2点を先行された。2回以降は立ち直り、5回まで無失点で凌いだ。

 だが、6回、先頭のセベリーノを三塁アンドゥハーの失策で出塁させ、1死一塁でルイスに中前安打を許した。1死一、二塁となったところで、球数が95球に達して田中は降板。あとを受けた2番手セッサがバライカに左前安打を浴びて満塁とされると、ホラデイに押し出し四球、ベラスケスには適時内野安打を許して、田中は4失点となった。

 サマートレーニングで頭部に打球が直撃し、出遅れていた田中は復帰後最多となる95球を投じた。5回1/3、6安打5奪三振4失点(自責点は2)。味方打線もオリオールズ投手陣の前にわずか1点しか奪えず、田中は2敗目となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」