野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神・大山、今季初の2打席連発! 16号満塁弾に続き17号2ランではや6打点

阪神の大山悠輔内野手が2打席連発、6打点の大暴れを見せている。8日に行われた敵地横浜スタジアムでのDeNA戦。「5番・三塁」でスタメン出場した大山は1打席目でプロ初の満塁弾を放つと、2打席目にも2打席連発の17号2ランを放った。

阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】
阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】

初回にプロ初の満塁弾に続き、3回にも一発を放つ

■DeNA – 阪神(8日・横浜)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 阪神の大山悠輔内野手が2打席連発、6打点の大暴れを見せている。8日に行われた敵地横浜スタジアムでのDeNA戦。「5番・三塁」でスタメン出場した大山は1打席目でプロ初の満塁弾を放つと、2打席目にも2打席連発の17号2ランを放った。

 初回、いきなり迎えた1死満塁のチャンスでDeNA先発のドラ2坂本から右翼スタンドへ16号グランドスラム。3回にはサンズを一塁に置き、再び坂本からバックスクリーン左へ17号2ランをたたき込んだ。

 大山の2打席連続本塁打、そして1試合2発は、2019年4月18日のヤクルト戦以来509日ぶり、今季初となる。まだ2打席目で2打数2安打2本塁打6打点の大暴れとなっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」