野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、8試合連続勝利ならず 6回3失点9Kで奪三振数はリーグ1位に

カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地でのレッズ戦で今季9試合目の先発マウンドに上がったものの、8試合連続勝利を逃した。「ロベルト・クレメンテ・デー」ということで背番号「21」で登板したダルビッシュは初回にいきなり3点を失うと、リードを奪われたまま降板。8勝目はならなかった。

レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

初回にいきなり3ランを浴びて先制を許したダルビッシュ

■カブス – レッズ(日本時間10日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地でのレッズ戦で今季9試合目の先発マウンドに上がったものの、8試合連続勝利を逃した。「ロベルト・クレメンテ・デー」ということで背番号「21」で登板したダルビッシュは初回にいきなり3点を失うと、リードを奪われたまま降板。8勝目はならなかった。

 初回、1死からカステヤノス、ウインカーに連続四球を与えると、2死一、二塁からムスタカスに右翼スタンドへ運ばれた。先制の3ランを浴びて、いきなり3点を先行された。続く秋山との最初の対戦はどん詰まりの遊撃への内野安打に。バエスの送球が逸れたこともあって秋山には出塁を許した。

 波乱の立ち上がりとなったダルビッシュだが、2回以降は立ち直りを見せる。2回はガルビス、バーンハート、ボットを3連続空振り三振に仕留め、3回も3者凡退に。4回には秋山の2打席目を迎え、一塁への高いバウンドへのゴロ。当初の判定はセーフだったものの、チャレンジで判定は覆ってアウトとなった。

 5回はバーンハート、ボットを連続三振に斬って8奪三振となり、今季の奪三振数は71個に。サイ・ヤング賞の最大のライバルとなりそうなメッツのジェイコブ・デグロム投手を抜き、奪三振数でリーグトップに立った。6回も続投した右腕は先頭のウインカーを遊ゴロ、続くスアレスはこの日9個目の空振り三振。ムスタカスも三ゴロに封じて3者凡退に。ダルビッシュは6回を投げて98球、2安打3失点9奪三振で降板となった。

 初回に3点を奪われたものの、2回以降はレッズ打線をノーヒットに封じ込めたダルビッシュだったが、カブス打線がレッズ先発のトレバー・バウアー投手の前に沈黙。ダルビッシュと共にサイ・ヤング賞候補にも名前が挙がるバウアーは5回までカブスを無失点。カブスが3点のリードを許したままダルビッシュは降板となり、8試合連続勝利を逃した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」